情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

大地真央主演 明治座公演 『大江戸緋鳥808』 初日舞台公開・囲み取材 2012年08月

(2012年08月07日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(14 人がクリック)
Loading...

大地真央主演 明治座8月公演
『大江戸緋鳥808』初日舞台公開・囲み取材が行われました。


▲写真左より 貴城けい、東幹久、大地真央、湖月わたる

関連記事

■明治座公演 『大江戸緋鳥808』 記者懇親会
http://enterminal.jp/2012/06/ooedohichou808/


『大江戸緋鳥808』について(公演資料より抜粋)

いよいよ明治座8月公演『大江戸緋鳥808』が開幕しました。原作は、故石ノ森章太郎さんの大人向けの漫画で、色っぽいシーンが多いのですが、そういったところは省き題材を取ったかたちでオリジナルの作品となっています。演出は、岡村俊一さん。漫画チックなテイストは残しつつ、岡村さんならではのスピード感溢れる舞台になっています。

主演の大地さんは明治座5年ぶりの登場です。前回の2007年11月の『女ねずみ小僧~目明しの女房~』で、これも同じ岡村さんの作品で評判となりました。共演の湖月わたるさん、貴城けいさん、東さんは明治座初めての登場。大地さんとの共演も初めてになります。そして、未沙のえるさん。大地さんと同じ59期生で、10代のころから大地さんと一緒にお芝居をやられていました。今回が宝塚卒業以来、初めての舞台出演です。

主演の大地さんの多様な衣装も見どころの一つ。劇中で12着、13回着替えております。ストーリも、笑えるところもあり、泣けるところもありといったところですが、最後にフィナーレが付いて、主演の3人が歌って踊ったりするショーもファンにとって嬉しいところです。

また、大地さん、湖月さん、貴城さんの3人がプロデュースした「プロデュース弁当」というのを1,250円で発売しています。出演者の方々が好きな材料だとか、ここはやり直しとかいうことを重ね、タイミングぎりぎりで出来た品だとか。お芝居だけではなく、お弁当も楽しめる明治座公演です。


<1ステージにつき、限定30個>
大地真央プロデュース
『 大地の恵み 夏の20品目弁当 』1,250円(税込)

湖月わたるプロデュース
『 夏をのりきろう!元気いっぱい直姫弁当 』 1,250円(税込)

貴城けいプロデュース
『 貴城のお七 縁むすび弁当 』 1,250円(税込)

詳細はコチラ http://www.meijiza.co.jp/info/2012_08/recommend/


囲み取材が行われました(2012年8月4日)

◆大地真央(緋鳥役)
◆湖月わたる(直姫役)
◆東幹久(絵師・参次役)
◆貴城けい(お七役)


――― 初日公演を終えて

(大地)やっと初日があいたという感じで、まだボーっとしています。とにかく裏を走りまわっているので、何だかよくわからないままにっていうところもあるのですが、でもお客様がとても良い反応をしてくださって、幸せな初日を迎えられました。

(東)ずっと稽古してきて、実際にお客様が入って。やっぱりこちら舞台側とお客様との空気といいますか感じながら、すごく興奮しますし。またお客さんにも喜んでいただいたので、これを35公演ですか?継続は力なりと続けていくことと感じました。

(湖月)明治座さんの由緒ある舞台に立たせていただいたんだな~という感動と、憧れの大地真央様と同じ板の上に乗っているんだなというダブルで感動です。今日はちょっと回し蹴りを張り切りすぎて、ちょっとカツラが(笑い)…。でも、直し方も真央様に教えていただいたので。もう本当に美しくて、凛々しくて、可愛くて日本の宝だと、今日改めて思いました。

(貴城)私も明治座さんは初めてで、本当に由緒ある舞台に立たせていただいて、気が引き締まるなと思いました。大地さんとご一緒できて、お稽古場から毎日お会いできるのが、すごく嬉しくて、ついついポーっと見てしまうんですけれども、舞台上でもなんとなく目を合わせることにやっと慣れたので、千秋楽まで大地さんのことを沢山見て、勉強しながら自分も成長できたらなと思います。
―――本番中とかでも緊張されるんですか?
そうですね。舞台稽古の時に、初めて舞台化粧をされて目が合った時に、うわっキレイすぎると思ってどっきりしました。


――― 舞台に大地さんが花魁の姿で出ていらしたときに客席からも感嘆の声があがりました。東さんは、(初めてご覧になられた時に)どう思われましたか?

(東)もちろんおキレイですね。ただ、舞台に立ったらドギマギするわけにもいかないので、これは稽古場で慣れながらやっていかないとと思いましてね。劇中で「バカヤロー」とか言いますものね俺。大地真央さんに。もうそれは役としてですので、そこは思い切り参次という役をおいしくやりたいです。


――― 盛りだくさんな舞台だと思いますが、見どころを

(大地)見どころ満載ですよね。笑って、泣けて、そしてエンターテインメント性にも飛んでますし、小さいお子様からお年寄りの方まで幅広い方々に楽しんでいただける作品に仕上がったと思います。


――― フィナーレで、宝塚OGの皆さんと共演されていますが。

(大地)嬉しいですね。私は3人並んで一緒に歌うところが楽しいです。

(湖月)血が騒ぎますし、あとご一緒に歌わせていただくところは、私の歌詞が「ありがとう あなたの笑顔世界で一番」と心の想いのままを真央様に向かって歌わせていただけるので、そこが一番幸せです。

(貴城)その場面を袖から観ているのですが、大地さんのお顔は見えないのですが、(湖月)わたるさんの顔を見ていると、もうすごく幸せそうで、わかる!って思って。私も出番で出た時には心を込めて歌わせていただいております。


――― 東さんはフィナーレをご覧になっていかがですか?

(東)客席から観たいです。お二人が真央さんに向かって笑顔でいる空気感というか繋がりというか愛というか、すごく袖から観ていて目線のラインが見えますものね。すごく微笑ましいというか。


――― 大地さんの印象は?

(湖月)お稽古場から本気です。いつでも本気でいらっしゃるので、まわりがグイグイ真央様の演技に吸い寄せられて。最後、「涙が止まらない」という台詞のところも私たちも涙が止まらないくらいで。

(大地)適当ができなくて。

(貴城)集中力がすごくって、衣装替えされている場所から、出て来た流れでそのまま舞台に出て行かれるんですけれど、すぐその役になりきれるんで、すごい!と思いました。

(大地)でも、今日間違えて反対側に引っ込んじゃって。東さんについて入るところもあるんですよ。それが1つ後なのに一緒に下手の方に行っちゃって、花魁なのに、長屋チームの方に入ろうとしちゃいました。まぁ初日ならではですよね。


――― 大地さんはくの一の役で殺陣のシーンもありますが

(大地)(頭と衣装が)かなり重いです前回は女ねずみ小憎で男の立ち回りだったんですけれど、今回は女の格好で。でもそんなことはどうでもいいんだ~ってなる時と、まだ女で立ち回りをしている時と、気持ちを切り替えたりはしているんですけれど、なかなか難しいです
―――結構出ずっぱりですよね。お着替えも12着、合計13回着替えられているとか。
出ずっぱりです。裏では走り回っています。27日まで気合いです。私たちオリンピックの金を取る位の気持ちで乗り切ります!


――― オリンピックを観ているヒマは無いと思いますけれど、最近のニュースとかで印象に残ったこととかありますか?直近ですと、なでしことか?

(大地)サッカーの活躍もすごいですね。すばらしい。負けてられないというか、応援したいというか。日本の誇りですね。

(湖月)プログラムにも書いたのですが、忍術でオリンピックのなでしこジャパンのゴールをヒュッと死守したいです。来た!ピュッって。相手に点を取らせないように。キーパーの後ろに隠れてピピッて、いっぱい手出します。
―――現状でもうすでに使われている感じじゃないですか
はい、使っていると思います(笑)。念力を送っています。


――― 大地さん、最後にメッセージを

(大地)明治座公演「大江戸緋鳥808」いよいよ始まりました。本当に面白い舞台に仕上がっています。ぜひみなさま明治座の方にお越し下さい。お待ちしております。



舞台写真(提供:明治座)















 

『大江戸緋鳥808』

 

公演期間: 2012年8月4日(土)~8月27日(月)

 

会場: 明治座

 

 

http://www.meijiza.co.jp/info/2012_08

 

 

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]