情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

宝塚歌劇星組『眠らない男・ナポレオン ―愛と栄光の涯(はて)に― 』制作発表速報 2013年11月

(2013年11月11日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(26 人がクリック)
Loading...

宝塚歌劇星組 ル・スペクタクル・ミュージカル
『眠らない男・ナポレオン ―愛と栄光の涯(はて)に― 』速報

876_01
▲写真は制作発表会見より、左:夢咲ねね、右:柚希礼音(2013年11月11日)
後日制作発表の模様は掲載致します。

公演について(公演資料より抜粋)

ル・スペクタクル・ミュージカル
『眠らない男・ナポレオン ―愛と栄光の涯(はて)に― 』

L’Homme sans sommeil: Napoléon ~Au-delà de l’Amour et de la Gloire
Écrit et mis en scène par Shuichiro Koike, composé par Gérard Presgurvic
作・演出/小池 修一郎
作曲/ジェラール・プレスギュルヴィック

宝塚歌劇100周年の記念すべき第一作品目の題材となったのは、ナポレオンの半生。作曲に『ロミオとジュリエット』のジェラール・プレスギュルヴィックを招いて、小池修一郎との日仏コラボレーションでの創作活動が行なわれています。「宝塚から世界へ発信するオリジナル作品」を目指した、超大作ミュージカル。フランスが生んだ最大のヒーロー、ナポレオン・ボナパルトの栄光に彩られた人生の軌跡を、妻ジョセフィーヌとの愛と葛藤を中心に、切なくも激しい魅惑のメロディの数々に乗せて、壮大なスケールで描きます。

主な配役
ナポレオン 柚希礼音
ジョセフィーヌ 夢咲ねね

マルモン 紅ゆずる
ミュラ 真風涼帆

タレーラン 北翔海莉


STORY(内容に触れていますのでご注意ください)

革命後のフランスに台頭したナポレオン・ボナパルトは、コルシカ島の田舎町で下級貴族の家に生まれながら、数々の戦功を立てて、フランス皇帝にまで登り詰めていく。その才能は少年の頃から発揮されていた。士官学校時代、クラスで行なわれた雪合戦において、卓越した戦術と陣地構築で少人数の仲間を勝利に導いたのだ。

1789年のフランス革命勃発後、フランス国内は不穏な情勢になっていくが、1794年テルミドールのクーデターによりロペスピエールらジャコバン派が失脚し、軍の総司令官バラスが権力を握るようになる。バラスは反乱勢力を鎮圧するため、その軍事的才能に注目していたナポレオンに指揮権を委ねるが、ナポレオンは手勢約5千の兵力で2万5千を数える反乱軍を見事一日で鎮圧するというめざましい結果を残した。

その後、バラスの夜会に招かれたナポレオンは、子ども2人を持つ未亡人でありながら、バラスの愛人として妖艶な魅力を発していたジョセフィーヌに魅了され、押しの一手で結婚までこぎつける。しかしながらイタリア方面軍最高司令官に任命され、新婚3日も経たずイタリアの戦場へと旅立たなければならなかった。

戦場へ赴いてもジョセフィーヌを忘れられずに、毎日毎日情熱的な愛の手紙を送り続けるナポレオンに対し、パリに残ったジョセフィーヌは、騎兵大尉イポリットとのアヴァンチュールにうつつを抜かし、派手な生活を送っていた。

破竹の勢いでイタリア戦の勝利を挙げたナポレオンだが、やがてジョセフィーヌの浮気や不品行を知ることとなり、エジプト遠征から帰還した1799年、離婚を決意するが・・・


制作発表会が東京宝塚劇場で行われました(2013年11月11日)

詳細は後日別ページに掲載致します。

876_02 876_03
▲左:ナポレオン役 柚希礼音、右:ジョセフィーヌ役 夢咲ねね

 

宝塚歌劇星組  ル・スペクタクル・ミュージカル

『眠らない男・ナポレオン ―愛と栄光の涯(はて)に― 』

 

主演・・・柚希 礼音、夢咲 ねね

 

宝塚大劇場公演

2014年1月1日(水)~2月3日(月)

 

東京宝塚劇場公演

2014年2月14日(金)~3月29日(土)

 

http://kageki.hankyu.co.jp/

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]