情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

ミュージカル『レディ・ベス』製作発表 その2歌唱披露 2014年01月

(2014年01月02日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!
Loading...

ミュージカル『レディ・ベス』
製作発表が行なわれました その2 歌唱披露

885_09

公演について(公演資料より)

約45年もの長きにわたって英国女王として繁栄をもたらしたエリザベス1世。
偉大な父王ヘンリー8世の娘として生れながらも、女王即位への道のりは
決して順風満帆なものではありませんでした。
そんな若き日の“レディ・ベス”の異母姉メアリー・チューダーとの相克、
処刑された母アン・ブーリンへの想い、そして唯一の安らぎであるロビンとの恋を
壮大な音楽とストーリーで帝国劇場の舞台に描き出します。

ミヒャエル・クンツェとシルヴェスター・リーヴァイの二人が手掛ける世界初演の作品を
「エリザベート」「モーツァルト!」でタッグを組んだ
日本ミュージカル界のヒットメーカー小池修一郎が演出いたします。

2014年最高の話題作が帝劇の舞台に誕生します!!
世界初演のこの舞台をお見逃しなく!


STORY

16世紀イギリス。
ヘンリー8世の王女として生まれたレディ・ベスは母親のアン・ブーリンが反逆罪で処刑されたため、
家庭教師ロジャー・アスカムらと共にハートフォードシャーで暮らしていた。

そうしたある日、若き吟遊詩人ロビン・ブレイクと出会う。
ベスは、彼の送っている自由なさすらいの生活に心魅かれる。

メアリーがイングランド女王となると、ベスを脅威に思うメアリーの側近、
司教ガーディナーらの謀略はさらに強くなる。
ベスは絶え間なく続く苦境に、自分自身の運命を嘆きながらも、
強く生きることを決意し、ロビン・ブレイクと密やかに愛を育む。

メアリーの異教徒への迫害が続くなか、民衆は次第にベスの即位を望むようになる。
そんな中、メアリーはベスへある告白をする…


製作発表が行われました(2013年11月18日/東京會舘)

製作発表 その1コメントの模様はコチラ

885_10
▲山崎育三郎 「俺は流れ者」

885_11
▲和音美桜 「ひとりじゃない」

885_12
▲平野 綾をエスコートするシルヴェスター・リ-ヴァイ

885_13
▲平野 綾「秘めた想い」

885_14
▲シルヴェスター・リ-ヴァイの生演奏も!

885_15

 

ミュージカル『レディ・ベス』

 

脚本/ 歌詞 ミヒャエル・クンツェ

音楽/ 編曲 シルヴェスター・リーヴァイ

演出/ 訳詞 小池修一郎

 

2014年4月13日~5月24日 帝国劇場

(4月11日・12日 ワールド・プレミア・プレビュー)

2014年7月19日~8月3日 梅田芸術劇場メインホール

2014年8月10日~9月7日 博多座

2014年9月13日~9月24日 中日劇場

 

http://www.tohostage.com/ladybess/index.html

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]