情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

宝塚歌劇団月組トップスター 龍 真咲 退団会見 2016年09月

(2016年09月06日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(7 人がクリック)
Loading...

宝塚歌劇団月組トップスター 龍 真咲 退団会見

9251

龍 真咲 退団会見(2016年9月4日)

簡易生命保険誕生100周年 かんぽ生命 ドリームシアター シャイニング・ショー『Forever LOVE!!』が千秋楽を迎え、
公演終了後、この公演で退団する龍 真咲が会見を行いました。


9232


◆龍 真咲
月組の龍 真咲です。(少し感極った表情で)皆様、本日はお忙しい中お越し下さりありがとうございました。
そして温かく見守って下さり、そのお心が嬉しく思っております。
溢れるばかりの思いで言葉にするのが難しいのですが、これから少しずつ皆様に
この思いをしっかりとお返しさせていただきたいと思います。
何はともあれこうして無事に千秋楽を迎えることが出来ましたこと、
宝塚生活にピリオドを打つことが出来ましたこと、安堵しております。
本当にありがとうございました。

―――サヨナラショーの最後にガッツポーズをした心境は。
これで全てをやりつくしたという思いでしょうか。

―――改めて男役の魅力をどのように感じていらっしゃいますか?
私自身の男役への思いを言いますと、男を演じることが出来るということが
男役を演じる側の魅力だと思います。現実的ではない理想を求め続けるという意味では
芸名「龍 真咲」としてもとしても男役としても極め続けるという共通点があるのではないかなと思います。
そこはやりがいがありました。

―――100周年の公演も務められ、龍さんご自身は宝塚の歴史に
どのようなことを残すことが出来たと思いますか。

残すことが出来たというのはおこがましくて、言うことは出来ないのですが、
もしかしたらお答えに遠くなるかもしれませんが、これを残すぞ、あれをやりたいぞ、あれを渡してきたぞと
いうのではなくて、これから私の足跡というものを月組生がどれだけ拾っていって
くれるかなというところに期待しています。なぜそれを思うかと言うと、
近年ですと彩輝さんや瀬奈さん、霧矢さんの残していかれたもの、足跡を、
私自身もしっかりと辿って来たつもりだったので、それが隠れている秘密のプレゼント
みたいなもの、やはり経験してみないと分からないということもありますし、想像の中で
理解するのは難しいことだと思います。私はそれを見付けた時にいろんな喜びがありましたので、
これから足跡を辿って欲しいというバトンの受け継ぎと、それを見付けてもらいたいなと
いうことを心のどこかに希望として期待しているかもしれないです。

―――龍さんはずっと月組でいらっしゃいましたが、改めて月組の魅力は。
数年前までは団体戦が強く個性が際立つという、ひとりひとりの粒立ちを目標にやってまいりました。
100周年が過ぎてひとりひとりの個性も出て来ましたし、団体の力もいろんな意味で
応用力が出て来たのではないかと思います。でもそれは私が居た時代の月組のイメージで
私の中で動物園的な月組の色という感じがあるので、今日終えて思うのは、
その基盤がある上でどういう風に月組がどう変化していくかが楽しみでもあり、
さあどう出て来るかなと思うところでもあります。
私が創り上げた月組には一片の悔いはありませんし、力強い組になったと思います。

9229


9255


9260


パレードではファン8000人に見送られ、16年間の宝塚生活に別れを告げました。


9290


9336


9338

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]