情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

宝塚歌劇 宙組公演 『王妃の館-Château de la Reine-』『VIVA! FESTA!』制作発表会① 2016年10月

(2016年10月28日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(6 人がクリック)
Loading...

宝塚歌劇 宙組公演
『王妃の館 -Château de la Reine-』『VIVA! FESTA!』制作発表会が行なわれました①

0559

公演について

ミュージカル・コメディ
『王妃の館 -Château de la Reine-』
~原作 浅田次郎「王妃の館」(集英社文庫刊)~
脚本・演出/田渕 大輔


太陽王ルイ14世が残した「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)」を舞台に、
個性豊かな登場人物たちが織り成す人間模様をコミカルに描いた浅田次郎氏の小説「王妃の館」。
このベストセラーを、宝塚歌劇ならではの演出を加えミュージカル化致します。
パリ、ヴォージュ広場の片隅に佇む「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」は一見客の宿泊を許さぬ
高級ホテルだが、実際は深刻な経営難に陥っていた。
そこに目を付けた旅行社「パン・ワールド・ツアー・エンタープライズ」はホテルとタッグを組み、
高額の“光ツアー”、格安の“影ツアー”それぞれに同じ客室を利用させるという奇策に打って出る。
しかし集まったのは風変わりな人気作家ら、一筋縄ではいかない癖者ばかり。
かつての城主、ルイ王の物語が紐解かれる中、様々な騒動を繰り広げるのだが……。
なお、この作品は演出家・田渕大輔の宝塚大劇場デビュー作となります。

<主な配役>
北白川右京【セレブ気取の恋愛小説家。スランプを打開すべく、パリへ取材旅行に】 朝夏 まなと
桜井玲子【弱小旅行代理店の女社長兼、ツアーコンダクター】 実咲 凜音
ルイ14世【17世紀のフランス国王。“シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ”のかつての城主】 真風 涼帆

スーパー・レビュー
『VIVA! FESTA!』
作・演出/中村 暁


祈り、感謝、願いなど、生きる為に大切な想いが集約され、人々が非日常の世界に集うFESTA(祭り)。
リオのカーニバル、中欧・北欧に伝わるヴァルプルギスの夜、スペインの牛追い祭りや
日本のYOSAKOIソーラン祭りなど、世界各地のFESTAをテーマにしたスーパー・レビュー。
宙組のパワー漲る数々の場面をお届け致します。朝夏まなとを中心とした宙組のFESTAに、ようこそ!

制作発表会① パフォーマンス(2016年10月26)

宝塚歌劇 宙組公演『王妃の館 -Château de la Reine-』『VIVA! FESTA!』の
制作発表会が行われました。

2017年2月3日〜3月6日までの宝塚大劇場、3月31日〜4月30日までの東京宝塚劇場での宙組公演は、
ミュージカル・コメディ『王妃の館 -Château de la Reine-』~原作 浅田次郎「王妃の館」(集英社文庫刊)~
スーパー・レビュー『VIVA! FESTA!』を上演します。
制作発表会では、パフォーマンスが披露されました。
朝夏まなとと実咲凜音が、芝居のワンシーンを再現し、ひと足早く作品の世界観を届けました。

0369

0369

0369

0443

0412

0443

 

 

宝塚歌劇 宙組公演

ミュージカル・コメディ

『王妃の館 -Château de la Reine-』

スーパー・レビュー

『VIVA! FESTA!』

 

日程:2017年2月3日(金)〜3月6日(月)

会場:宝塚大劇場

 

日程:2017年3月31日(金)〜4月30日(日)

会場:東京宝塚劇場

 

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/ouhinoyakata/index.html

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]