情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』舞台稽古 2016年10月

(2016年10月20日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(6 人がクリック)
Loading...

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』舞台稽古が行なわれました

0559

囲み取材の様子 http://enterminal.jp/2016/10/the-scarlet-pimpernel1/

公演について

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』

「知恵で奴らを出し抜くのだ!」恐怖政治の嵐吹き荒れるパリの街、権力に挑む 情熱と勇気!

1789年、王制に対する不満を爆発させた民衆が蜂起し、フランス革命が勃発。
その後、ロベスピエールを指導者とするジャコバン党が権力を振りかざし、
元貴族らが次々と処刑される恐怖政治が続いた。
嵐が吹き荒れる混乱の中、無実の人々を断頭台から救おうと立ち上がったのは、
イギリス貴族のパーシー・ブレイクニー。

彼は仲間と共に「スカーレット・ピンパーネル」を結成し、知恵を絞った救出計画を秘密裏に敢行。
その活躍ぶりは瞬く間に広まったが、女優を引退しパーシーの妻となったマルグリットでさえも正体を知らず、
いつしか夫婦の間に大きな溝が生じていた。
フランス政府特命全権大使のショーヴランは元恋人であるマルグリットに接近。
ある取引をチラつかせながら心のうちを熱く、甘く語りかけ、ピンパーネル団の素性を暴こうと執念を燃やす。
愛を疑うパーシー、愛を信じたいと願うマルグリット、愛を利用するショーヴラン。
恐怖政治の嵐の中で愛憎が交差し、物語はスリリングな展開をみせてゆく…。

<スタッフ>
原作 バロネス・オルツィ
脚本・作詞 ナン・ナイトン
作曲 フランク・ワイルドホーン
編曲 キム・シェーンベルグ
訳詞・翻訳・潤色 木内宏昌
潤色・演出 ガブリエル・バリー

<主な配役>
パーシー・ブレイクニー 石丸 幹二
マルグリット・サン・ジュスト 安蘭 けい
ショーヴラン 石井 一孝
ロベスピエール/プリンス・オブ・ウェールズ 平方 元基(Wキャスト)
ロベスピエール/プリンス・オブ・ウェールズ 佐藤 隆紀[LE VELVETS](Wキャスト)
アルマン・サン・ジュスト(マルグリットの弟、ピンパーネル団) 矢崎 広
デュハースト(ピンパーネル団) 上口 耕平
ベン(ピンパーネル団) 相葉 裕樹
ファーレイ(ピンパーネル団) 植原 卓也
エルトン(ピンパーネル団) 太田 基裕
オジー(ピンパーネル団) 駒木根 隆介
ハル(ピンパーネル団) 廣瀬 智紀
マリー・グロショルツ 則松 亜海

舞台稽古(2016年10月18日)

0559

0559

0559

0559

0559

0559

0559

0559

0559

 

 

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』

 

東京公演:2016年10月19日(水)~ 10月26日(水)

会場:赤坂ACTシアター

 

大阪公演:2016年10月30日(日)~ 11月7日(月)

会場:梅田芸術劇場メインホール

 

東京凱旋公演:2016年11月24日(木)~ 11月29日(火)

会場:東京国際フォーラム ホールC

 

http://www.umegei.com/the-scarlet-pimpernel/index.html

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]