情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

日本初上陸!ミュージカル『プリシラ』舞台稽古が行なわれました 2016年12月

(2016年12月09日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(1 人がクリック)
Loading...

日本初上陸!ミュージカル『プリシラ』
舞台稽古が行なわれました

2113

公演について(公演資料より)

原作は1994年公開の、3人のドラアグクィーンたちのドタバタ珍道中を描いたオーストラリア映画で、
少ない予算で製作されたにもかかわらず世界中で大絶賛を浴び、 その奇抜でオリジナリティ溢れる衣裳により
アカデミー賞衣裳デザイン賞も受賞。日本でも劇中の音楽とともに一大ブームが巻き起こりました。

2006年には待望のミュージカル版がオーストラリアにて誕生。マドンナやドナ・サマーなど
往年のヒット・ソングを散りばめたディスコ・ミュージック、豪華絢爛な衣裳で歌って踊る
エンターテイメント満載の舞台は、ロンドン・ウエストエンド、NY・ブロードウェイを含む
15か国以上の国にて上演されてきました。

この度、世界を舞台に活躍を続ける宮本亜門による演出で、満を持して日本に初上陸!

STORY

舞台はオーストラリア。 シドニーに住むドラァグクイーンのティック(芸名:ミッチ)(山崎育三郎)は、
最近何だか不運続きで仕事も私生活もダウン気味。
そんなとき、別居中の妻・マリオン(和音美桜)の誘いで、砂漠の真ん中にある街、
アリス・スプリングスで開かれるカジノでパフォーマンスをすることに。
せっかくだからと、2人の仲間―夫を亡くしたばかりで沈んでいるトランスジェンダーのバーナデット(陣内孝則)と、
若くて美しいが生意気なアダム(芸名:フェリシア)(ユナク/古屋敬多)を道連れに、
1台のバス「プリシラ号」をチャーターし、砂漠を縦断する旅に出ることにした。
道中、ティックは2人に、目的地で妻子が待っていることを告白する。
ティックにとって、自分の存在を知りながらまだ会ったことのない息子・ベンジーと対面することは、
とても大きな決断であった―。

舞台稽古が行われました。
(2016年12月8日/ゲネプロでのアダム役は第一幕 ユナク、第二幕 古屋敬多が務めました)

オーストラリアで生まれた映画をもとにド派手な舞台が誕生し、
いよいよ日本に初上陸しました!

物語は三人の珍道中を中心に描いており、そこで出会った人々によって
何かが変わっていく、芽生えていく、そんなお話です。

とことんド派手で奇抜。どのシーンにもパワーがみなぎっていて、
会場全体を“プリシラワールド”に染め上げます。

余計なことは考えずにこのワールドに浸ると、
観ている人にとっても何かを変えるようなきっかけが訪れるかも。

笑って驚いてホロリとして。
大切なものは近くにある、そんな温かなメッセージを感じました。
聞き馴染みのあるアップテンポなナンバー、
デザイン性の高い衣裳、
人間味溢れるキャラクターたち、
そのどれが欠けても“プリシラワールド”は成立しません。

でも一番必要なのは観客の息づかい。
それが伝わってこそ、この作品が完成するのではないかと思いました。

劇場だからこそ味わえるような体験が待っています。

1978

2026

2064

2087

2091

2101

2109

2165

2185

 

ミュージカル『プリシラ』

 

日程:2016年12月8日(木)~12月29日(木)

会場:日生劇場

 

お問合せ: 帝国劇場内 東宝日生公演係 03-3213-7221

 

http://www.tohostage.com/priscilla/

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]