情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

宝塚歌劇 雪組公演『ひかりふる路(みち)』『SUPER VOYAGER!』 制作発表会 パフォーマンス 2017年09月

(2017年09月23日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(2 人がクリック)
Loading...

宝塚歌劇 雪組公演
ミュージカル『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』
レヴュー・スペクタキュラー『SUPER VOYAGER!』-希望の海へ-
制作発表会 パフォーマンス

7875

公演について

ミュージカル『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』
作・演出/生田 大和


18世紀末、フランス。立ち上がった市民達によって達成され、
現代を生きる人々の生活の礎ともなったフランス革命。
宝塚歌劇においてもこれまで度々物語の題材として取り上げられてきたこの革命の中心人物の一人であり、
理想に燃え、そして自らもまたその炎に焼かれた革命家マクシミリアン・ロベスピエール。
1791年9月14日。革命が始まって以来の宿願であった憲法が、ルイ16世によってついに承認される。
国民議会議員として一大事業を為したロベスピエール達はパリ市民の歓呼の声に迎えられる。
しかし憲法の承認は混迷する革命の、まだ序章に過ぎないものであった・・・
志を一つに共に立ち上がった仲間達との絆、運命的なロマンス・・・
その青春を賭し、理想に燃えた青年が革命の頂点へと邁進する姿を通し、
彼が掲げた「自由・平等・博愛」に込められた思いを紐解き、人類の歩むべき路を問いかける歴史ミュージカルです。
なお本公演は雪組新トップコンビ望海風斗と真彩希帆の大劇場お披露目公演となります。

レヴュー・スペクタキュラー『SUPER VOYAGER!』-希望の海へ-
作・演出/野口 幸作


「VOYAGER(ヴォイジャー/航海者)」をテーマに、
望海風斗のトップスター就任と新生雪組の「船出」を盛大に祝福する颯爽絢爛なレヴュー作品。
豪華客船の出航をイメージした躍動感溢れるプロローグに始まり、
「望(HOPE)」「海(OCEAN)」「風(WIND)」「斗(BIG DIPPER)」と
新トップスターの名前にまつわる場面を中心に、未来への希望に満ちた場面の数々で構成。
望海風斗の男役の美学と新生雪組の魅力の全てを凝縮した究極のエンターテインメントにご期待下さい。

制作発表会 パフォーマンス(2017年9月22日)

宝塚歌劇 雪組公演
ミュージカル『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』
レヴュー・スペクタキュラー『SUPER VOYAGER!』-希望の海へ-の制作発表会が行なわれました。

ミュージカル『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』で、
全楽曲を提供する作曲家のフランク・ワイルドホーンさんのピアノ演奏に合わせて、
作品の世界観を感じさせる歌唱が披露されました。

7605

7611

7634

7648

7672

7688

7721



 

 

宝塚歌劇 雪組公演

 

ミュージカル

『ひかりふる路(みち)

〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』

作・演出/生田 大和

 

レヴュー・スペクタキュラー

『SUPER VOYAGER!』-希望の海へ-

作・演出/野口 幸作

 

2017年11月10日(金)〜12月15日(金)

宝塚大劇場

 

2018年1月2日(火)〜2月11日(日)

東京宝塚劇場

 

公式サイト

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]