情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

宝塚歌劇 雪組『凱旋門』『Gato Bonito!!』 望海 風斗、真彩 希帆 囲み取材 2018年07月

(2018年07月28日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(7 人がクリック)
Loading...

宝塚歌劇 雪組『凱旋門』『Gato Bonito!!』
望海 風斗、真彩 希帆 囲み取材


公演について

かんぽ生命 ドリームシアター
ミュージカル・プレイ『凱旋門』-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-
Based on
ARC DE TRIOMPHE by Erich Maria Remarque
Copyright (c) 1945 by New York University, successor-in-interest to the literary rights of
The Estate of Paulette Goddard Remarque
Performed by permission of New York University, successor-in-interest
to the literary rights of The Estate of Paulette Goddard Remarque
c/o Mohrbooks AG Literary Agency, Zürich, Switzerland
through Tuttle-Mori Agency, Inc., Tokyo
脚本/柴田 侑宏 演出・振付/謝 珠栄

祖国を追われた亡命者たちが集う、第二次世界大戦前夜のパリ。
ドイツから亡命してきた外科医ラヴィックは、友人ボリスに助けられながら、
あてどなく仇敵を捜すだけの失意の日々の中で鮮烈な恋を見出す……。
ラヴィックにとって生きる希望となるジョアンとの恋を軸に、
過酷な運命に翻弄されながらも懸命に生きる人々の姿を、
シャンソンをモチーフにした音楽を絡めて描き上げた作品。
2000年に雪組で初演、主演を務めた轟悠が文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞を受賞するなど、
絶賛を博した傑作ミュージカルの待望の再演となる。

かんぽ生命 ドリームシアター
ショー・パッショナブル 『Gato Bonito!!』~ガート・ボニート、美しい猫のような男~
作・演出/藤井 大介
ポルトガル語で“美しい猫”を意味する“Gato Bonito”。
クールで気まぐれな性質、気品溢れるしなやかな身のこなしなど、
猫からイメージされる姿を望海風斗率いる個性豊かな雪組生達に重ね合わせ、
バラエティ豊かな場面で構成する華やかでドラマティックなラテン・ショー。
宝塚歌劇ならではの、ゴージャスで熱い夢の世界をお楽しみ下さい。


舞台稽古前に囲み取材が行われました。(2018年7月27日)


◆望海 風斗
台風も来ていて心配ですが、9月2日まで皆でどんどん熱い舞台を
お客様にお届けしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

◆真彩 希帆
暑い中、来てくださるお客様にも、毎日楽しい舞台をお届けできるように、
私自身も体調に気をつけて精一杯頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

―――二作品の見どころを教えてください。

◆望海 風斗
お芝居は、初演にも出ていらした轟悠さんと美穂圭子さんのお二方が空気感を作ってくださっている中で、
今の雪組生がどれだけ食らいついていけるかというところが見どころじゃないかと思います。
この作品を通して、人間が持ってる命を輝かせる美しさがお届けできたらと思います。
ショーは、とにかく熱いショーになっているので、外も暑いのですがジメジメとした暑さだと思うので、
客席はカラッと熱く、皆様にもデトックスして帰っていただけるショーになっているのでは
ないかと思うので、お客様と一緒に楽しめるところが見どころだと思います。

◆真彩 希帆
お芝居は轟悠さんにお力をいただきまして、公演の中でも勉強させていただいているのですが、
世界観がとても綺麗だなというところが私はとても好きなので、
映画のような雰囲気が見どころの1つだと思います。また音楽が寺田瀧雄先生の音楽、
そして吉田優子先生、玉麻尚一先生の新しく追加された音楽がどれも素敵なので、
音楽に乗って観ていただけたら嬉しいと思います。
ショーは望海さんもおっしゃっていましたが、外は暑いですがカラッと、
そして盛りだくさんな作品なので、お客様に「もう終わってしまったんだ」と
思っていただけるようなショーになっていると思います。
一緒に汗をかいて楽しんでいただけたらと思います。

―――お芝居で演じる上で大切にされたところ、
またショーの好きなシーン、お互いに好きなシーンを教えてください。


◆望海 風斗
お芝居は、自分自身が大切にしている部分は、それぞれが亡命者で違う国から違う境遇で来ているのですが、
自分はロシア人で、どういう背景を持ってここまで逃げきたのかということを
一番無くしてはいけないのかなと思っています。あとは(轟悠さん演じる)ラヴィックとの関係性で、
(演出の)謝珠栄先生からも(自分が演じる)ボリス・モロゾフはアスリートでラヴィックは理系なので、
その差をはっきり出して欲しいということだったので、轟さんは大先輩なのですが、
自分の方がドンッと構えて、アドバイスが言えるような、そんな人柄になれるように意識しています。
ショーは、どのシーンも好きですが、フィナーレナンバーが6分間出ずっぱりで、
そこが毎日ちょっと挑戦だと思いますし、自分の血が騒ぐところ。
この6分をどう乗り切るのかというのが私の中で戦いでもあり、好きなところでもあるので、
ぜひ観てもらいたいです。お互いの好きなシーンは『コパカバーナ』の歌の掛け合いが好きです。

◆真彩 希帆
お芝居の中ではラヴィックを演じる轟さんと、アンリ・ジャルダンを演じる彩風咲奈さんの
お二方とさせていただいておりますが、(自分の演じる)ジョアン・マヅーとして
大切にしていることは、やはりどんな時もラヴィックを思う気持ちが
根本にあって、女性がどうやってこの時代の中を生きていくのかということを
心の片隅に思ってお芝居をしています。ジョアンとして大切かなと思うところは、
いつも自分の気持ちに素直だな女性だなと思うので、嘘偽りのない心でではないのですが、
真っ直ぐ対人と向き合ってというところを意識しております。
ショーで好きなのは『コパカバーナ』の歌の部分がすごく好きで、毎回お客様も違いますし、
望海さんの歌い方も違いますし、それに対してスタッフの皆さんや
指揮の塩田明弘先生の盛り上がりも全然違うので、毎回楽しみに…

◆望海 風斗
塩田先生も入っているから三人でね(笑)。先生のかけ声も聞こえています。

◆真彩 希帆
そうですね(笑)。先生も楽しまれているなとすごく嬉しいですね。そこが大好きです。
お互いに好きな場面は、今回本当にたくさん踊らせていただく機会があって
緊張するところもあるのですが、その中で私も挑戦で、今回ANJU先生のタンゴの場面は、
お稽古場、公演とやってきて自分でこう体を使ってみようとか毎日発見があるので、
挑戦という気持ちを忘れずに東京の千秋楽までどんどん進化して
望海さんに「いい女になったね」と言ってもらいたい(笑)。
でも、自分自身の挑戦なので、どの場面もフィナーレナンバーもですし、
踊らせていただくことに感謝の気持ちを持って挑戦し続けてまいりたいと思います。

―――(真彩さんのコメントを受けて)望海さん現時点では?

◆望海 風斗
現時点で?いや、もっともっといくんじゃないかんと思います(笑)。

―――空前の猫ブームですが、猫の魅力について。

◆望海 風斗
人懐っこさもありつつ、すべてを委ねない感じが追いかけたくなるんじゃないかなと思います。
ちょっと凛としているイメージがあります。飼ったことないのですが(笑)。
猫って暑さに強いイメージがないので、猫×夏×ラテンというのが、
なかなか想像つかないですけど、でも「ニャー」とか言って、
人間が使わない言葉を使うとテンションが上がるというか、猫の力を今回はかりて。

◆真彩 希帆
演出の藤井大介先生が書かれた(配役などが書かれた)香盤表にすごくたくさんの猫名前が書いてあって、
皆さんもパンフレットをご覧になったらわかると思うのですが、
どの猫も演者の皆さんにとてもピッタリだなと私はとても感動して、
ぜひ時間があったら調べていただきたいなと思うのですが。
猫の魅力は愛らしいところもあるけれど、でも捕まえられないというか、
懐いたなと思ったら、すぐにプイッとしてしまうという、猫飼ったこと私もないのですが(笑)。
猫の力をかりてプラス猫のようななので、自分も演じている中で猫から要素をいただいて、
演じられたらと思っています。可愛いので、猫大好きです。


<

 

 

宝塚歌劇 雪組

かんぽ生命 ドリームシアター

ミュージカル・プレイ『凱旋門』

-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-

 

かんぽ生命 ドリームシアター

ショー・パッショナブル『Gato Bonito!!』

~ガート・ボニート、美しい猫のような男~

 

東京公演:2018年7月27日(金)~ 9月2日(日)

会場:東京宝塚劇場

 

公式サイト

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]