情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

星屑の会『星屑の町~完結篇』 2018年12月

(2018年12月15日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!
Loading...

星屑の会『星屑の町~完結篇』

7875

公演について(リリースより)


冴えない男たちのムードコラスグルプ “ハローナイツ”ついにラストテージ

地方回りの売れないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」の悲哀を描く人気シリーズ。
ヒノキ舞台に立てない中年男たちが繰り広げる笑って笑って、涙する物語。

「星屑の町~山田修とハローナイツ物語~」は、1994年に下北沢ザ・スズナリで初演。
本多劇場での再演含め6作品シリーズ化。2008年にはついに演歌の殿堂“新宿コマ劇場”にて
前川清&クールファイブとともに特別公演にて大団円。(・・・が、)8年後、
還暦を迎えた 面々から古巣の下北沢で有終の美を飾りたいと、
2016年に第7弾『完結篇』が涙涙の感動的な最終公演。
(・・・・・・のはずが、)北海道(※作・演出水谷龍二出身地)で上演しないとは何事ぞ!!と
大きな声でアンコールをいただき、めでたくも2019年3月に再演と相成りました。
東京はかめありリリオホールでのプレビュー公演後に、北海道6か所、能登公演と巡演いたします。
懐かしの歌謡曲と共にお贈りする「星屑の町」シリーズ、今度こそほんとにホントのラスト公演?!

「星屑の町」の核である
“ハローナイツ”のメンバー(大平サブロー ラサール石井 小宮孝泰 渡辺哲 でんでん 有薗芳記 菅原大吉)、
マドンナとして戸田恵子も変わらず参加いたします。そして、今回のラスト公演には元ベイビーレイズJAPANで
活躍していた林愛夏が初参加、新しい風を運びます。
懐かしの歌謡曲とともに大人が楽しめる舞台、笑って笑って、だけど切ない
「星屑の町~完結 篇」にご期待ください。
東京公演は、かめありリリオホールのプレビュー公演(2 回)のみの上演になります。
貴重な公演をお見逃しなく。

ストーリー


ここは函館にあるグランドキャバレー『海峡』。
昭和の時代に栄えた店も、時代の波には逆らえず2000年を前に閉館。
今や廃墟と化している。そんな『海峡』が 1 日だけ復活することになり、
ムード歌謡コーラスグループ“山田修とハローナイツ”のショーが行われることに。
宮城、福島、東京、名古屋、九州とそれぞれの場所で暮らしている面々が久しぶりに集まった。
さらに、今や大阪で売れっ子タレントになった元リードボーカルの真吾や、
その妻キティ岩城、前座の新人演歌歌手の葵ちどりも加わり、皆がそれぞれの思いを胸に抱えて
ショーの準備を進めるが、相も変わらぬゴタゴタが絶えない。
ショーは無事に行われるのか? 鳴かず飛ばずのしがない“ハローナイツ”を呼んでショーを開催した
スポンサーとはいったい何者なのか? 小雪舞散る函館に、歌うために集まった還暦過ぎた
おじさん達の可笑しくも切ないラストステージ。

7875
7875

 

 

星屑の会『星屑の町~完結篇』

 

【プレビュー公演】

会場:かめありリオホール プレビュー公演

日程:2019年3月2日(土)17:00開演、3月3日(日)14:00開演

*開場は開演の30分前 *未就学児入場不可

 

出演者

大平サブロー ラサール石井 小宮孝泰 渡辺哲 でんでん 有薗芳記 菅原大吉

新納敏正 朝倉伸二 江端英久 星野園美 /林 愛夏/戸田恵子

 

公式サイト

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]