情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

『Living Room MUSICAL スターのいるレストラン番外編 まさこの部屋☆初回SP.』観劇レポート 2019年07月

(2019年07月08日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(4 人がクリック)
Loading...

『Living Room MUSICAL スターのいるレストラン番外編 まさこの部屋☆初回SP.』
2019年5月27日 夜の部 観劇レポート


写真は全て28日夜公演より/撮影:宮川舞子

観劇レポート(2019年5月27日)

渋谷の中心地、渋谷109から道玄坂を上がった右側にある渋谷プライム。
6階には演劇や音楽などを発信する劇場「CBGKシブゲキ!!」が入るビルで、
演劇ファンの間ではご存知の方も多いでしょう。
その5階にある「eplus LIVING ROOM CAFE & DINING」。
ここは“食事をしながら、より身近に音楽やアートがある生活を”をコンセプトに、
店内は7つのゾーンで構成されていて、その日の気分で楽しむことができる場所。」
そんなスペースで定期的に開催されているのが『Living Room MUSICAL~スターのいるレストラン~』。
ミュージカルスターが劇場を飛び出し、リビングのような空間で歌い踊るというコンセプトで
身近に体感できるライブスタイル空間です。



5月27日に行われた第9回『Living Room MUSICAL』に潜入してきました!
その名も『Living Room MUSICAL スターのいるレストラン番外編 まさこの部屋☆初回SP
〜やっぱりNICEナGUYS&ドールズ!ここはヴェローナではなく渋谷〜』。
この「まさこの部屋」とは、昨年初めて『Living Room MUSICAL』に出演した「まさこ」こと十輝いりすが、
演出の岡本寛子からオファーを受けたことがきっかけだったのだとか。
「ライブなので歌を歌ってというお話だったのですが、私が歌はあんまり〜と言ったら先生は大爆笑。
では歌ではなくてトークをお願いしますと言っていただいたことで「まさこの部屋」が誕生しました」と話す十輝。
まさこの部屋“初回スペシャル”ということもあって、十輝と長年交流のあるメンバーが勢ぞろい!
春風弥里、蓮水ゆうや、鳳翔大、音花ゆり、荒木里佳の他に、1日目のゲストは北翔海莉、
二日目のゲストは大空ゆうひという豪華な顔ぶれ。宝塚ファンの方はお気づきかもしれませんが、
宝塚歌劇団の宙組の一時代を築いたメンバーが集結したのです!

音花と荒木の美しいハーモニーや、アップテンポな曲ではモノトーンの衣装に身を包んだ十輝、春風、蓮水、鳳翔が
黄色い声援と熱い拍手で迎えられ、現役さながらの長身を活かしたダンスと低音ボイスで魅了。
その後も“令和記念”と“まさこの部屋初回記念”を合わせて、本家本元の宝塚歌劇に先駆けて
「令和最速 自らタカラヅカスペシャル」と題して、宝塚で歌われている名曲をノンストップで展開。
『タカラジェンヌに栄光あれ』や『セ・マニフィーク』『ジタン・デ・ジタン』『ル・ポアゾン』など
昭和時代の曲から、平成にかけての『蘇る真実』『熱視線 A』『はじめての想い』『FATE CITY』などの
次々と繰り出されます。客席の手拍子も相まって大盛り上がりに!



また、当日は現役生徒が公演中に利用しているという食堂「すみれキッチン」にある
卵のスクランブルが乗った「ふわふわ丼」や「シチューかけご飯」「カニかまと三つ葉の三杯酢」などの
メニューを、すみれキッチン風特別料理プレートメニューとして再現。お客様もちょっぴり生徒気分で
美味しい食事を楽しむことができました。



休憩を挟み、後半は「まさこの部屋」からスタート。真っ赤なドレス姿で登場した十輝が春風、蓮水、鳳翔、
音花、荒井を呼び込んだところで、ゲストの北翔が登場。宙組時代を共にした過ごした話や今だから話せる
組を異動した時の気持ちなどを語りました。十輝が北翔に「何と言ってもお世話になったのが宴会の余興」
と話すと、「それ以外にもあるでしょう!?(笑)」と北翔がツッコミを入れる一場面も。
宴会部長であり、脚本、演出、出演者でもあったという北翔が組替え前に作った映像作品の製作秘話など、
何事にも全力投球だった思い出話を聞くことができました。
その後、北翔が甘く優しい歌声で『As Time Goes By』を披露し、出演者も客席から熱い視線を送っていました。

後半はバンドによる素晴らしい『リベルタンゴ』の演奏を挟み、『Sophisticated ladies』『Luck be a Lady』
『明日へのエナジー』などを披露し、最後のアンコールでは、エトワールの音花ゆりが
驚きの人間ミラーボール荒木里佳とともに登場しLiving Room MUSICALメンバーでもある
星乃あんりの手作りによる宝塚パレードでおなじみの小道具・シャンシャンを持ち、
全員で『この愛よ永遠に(FOREVER TAKARAZUKA)』を歌い幕となりました。

大きな劇場では体験できない出演者との距離の近さやアットホームな雰囲気。
そして、食事メニューにまでこだわったおもてなしを組み込む演出はお見事。
懐かしさだけではなく、それぞれのキャストのこれからの活躍が楽しみと思えるひとときでした。


千秋楽の28日夜公演は大空ゆうひが登場し、大好きな上級生とのひと時に出演者一同大感激
* * *

次回公演については下記URLをご覧ください。

 

 

『Living Room MUSICAL』

 

次回公演案内サイト

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]