情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

宝塚歌劇団 月組公演『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』珠城りょう、美園さくら 囲み取材 2019年11月

(2019年11月30日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!
Loading...

宝塚歌劇団 月組公演
日本オーストリア友好150周年記念
UCCミュージカル『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』
珠城りょう、美園さくら 囲み取材


(写真は制作発表会見より)

公演について(リリースより)

日本オーストリア友好150周年記念
UCCミュージカル『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』
I AM FROM AUSTRIA – The Musical with Songs by Rainhard Fendrich
Music and Lyrics: Rainhard Fendrich
Book: Titus Hoffmann & Christian Struppeck
Original Production by Vereinigte Bühnen Wien
Worldwide Stage Rights: VBW International GmbH
Linke Wienzeile 6, 1060 Vienna, Austria
international@vbw.at  www.vbw-international.at

作曲・作詞/ラインハルト・フェンドリッヒ
脚本/ティトゥス・ホフマン、クリスティアン・シュトゥルペック
オリジナル・プロダクション/ウィーン劇場協会
潤色・演出/齋藤 吉正


「エリザベート」、「モーツァルト!」など数々の大ヒットミュージカルを生み出したウィーン劇場協会が、
2017年9月にオーストリアそのものを題材として制作したミュージカル「I AM FROM AUSTRIA」。
オーストリアの国民的シンガーソングライターであるラインハルト・フェンドリッヒが綴った名曲の数々と、
「故郷」や「家族」をテーマとしながら、コメディー要素を散りばめつつ、華やかなレビュー満載の舞台は、
オーストリア中に旋風を巻き起こし、2019年6月まで異例のロングランを果たした話題作です。
折しも日本とオーストリアが国交を樹立して150周年となる記念の年に、
105周年を迎えた宝塚歌劇の「我が心の故郷」という郷愁とも重なるこの作品を、
珠城りょう、美園さくらを中心とした月組により、日本初演致します。
舞台はウィーンにある老舗ホテル・エードラー。跡継ぎであるジョージは、伝統を重んじる両親に対し若者らしい
革新的な改革を掲げ、悲願である“五つ星”獲得を目指し積極的に経営に参加していた。
そこへ、オペラ座舞踏会に出席する為に久々に帰国したオーストリア出身の人気ハリウッド
女優エマ・カーターがお忍びでやってくる。しかし従業員の一人が彼女の来訪をツイートした為、
マスコミが押し寄せホテルは大混乱に陥ってしまう。ホテル側の不手際を詫びに、
ジョージがエマの部屋へ訪ねると、ふとしたことから二人は意気投合するが……。
ホテルの御曹司として自らのなすべき事を模索するジョージ、世界的なスターでありながら自らを失うエマ、
各々は惹かれあい、オーストリアの美しい街並みや自然の中で、自分の居場所を見つけていく。
オーストリアの第二の国歌とも称される主題歌「I AM FROM AUSTRIA」をはじめ、
珠玉のナンバーに乗せて描かれる、心温まる舞台にご期待ください。

舞台稽古後に囲み取材が行われました。(2019年11月29日)

◆珠城りょう
オーストリア国外初の上演ということで、月組一同プレッシャーも感じておりましたが、
素晴らしい楽曲と美しい世界観のなかで楽しみながら公演させていただいております。
お客様にもこの世界観を存分にお楽しみいただけますよう、心を込めて努めたいと思っております。

◆美園さくら
宝塚大劇場では、お客様のあたたかい笑顔に見守られながら公演を終えることができました。
引き続き東京公演もよろしくお願いします。

―――公演について。どのあたりを楽しんで演じているか?
◆珠城りょう
ウィーンで実際に公演を拝見しましたが、
舞台装置も本場の作品とは違うつくりとなっており、宝塚歌劇ならではの装置ですし、
照明や映像も鮮やかで、宝塚歌劇らしい華やかさもあり、とても好きです。

ーーー役を演じるにあたり大切にしていること
◆珠城りょう
ウィーンから脚本家の方々にお越しいただいた際に、ジョージはものごとをフラットに見ることができる人間、
そこを一番大事にしてほしいとお言葉をいただきました。
『カンパニー』で演じた役の青柳 同様、男役度が問われる、ナチュラルに男性として存在することを
問われる役柄ですので、周りとの芝居の兼ね合いを考えながら演じています。

◆美園さくら
等身大の女性を演じる難しさを感じています。
エマは普通のひとりの人間としての幸せを求めている女性。その気持ちをつくっていけたらと思っています。

―――好きな曲は?
◆珠城りょう
「旅する人」…前向きで華やかな、希望にみちた曲なので好きです。

◆美園さくら
どのナンバーも好きですが一つ上げるとしたら、主題歌の「I AM FROM AUSTRIA」です。

 

 

宝塚歌劇団 月組公演

日本オーストリア友好150周年記念

UCCミュージカル『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』

 

期間:2019年11月29日(金)~ 12月28日(土)

会場:東京宝塚劇場

 

公式サイト

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]