情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

Musical Dramaシリーズ第4弾『Fly By Night~君がいた』、出演者によるPV公開! 2020年04月

(2020年04月13日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(1 人がクリック)
Loading...

Musical Dramaシリーズ第4弾『Fly By Night~君がいた』、出演者によるPV公開!


公演概要


conSeptが、ストレートプレイを観るような感覚で観劇できるミュージカルスタイルとして
2018年から上演しているMusical Dramaシリーズ。
『In This House~最後の夜、最初の朝~』『いつか~one fine day~』に続く第4弾として、
『Fly By Night~君がいた』を、2020年9月に、シアタートラム及び横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホールにて上演します。
今作は、1965年11月9日に実際に北アメリカとカナダを中心に起こった大停電(ニューヨーク大停電)をモチーフにした
ロマンチックな群像劇ミュージカルで、2011年ニュー・アメリカン・プレイ・アワード受賞、
2015年ドラマ・デスク・アワードのベストミュージカルにもノミネートされました。
日本初上陸となる今作も同シリーズでおなじみの板垣恭一さん(日本語上演台本・訳詞・演出)、
桑原まこさん(音楽監督)のタッグが手掛けます。
出演は、ミュージカル『レ・ミゼラブル』のマリウス役(2017年・2019 年)などで
活躍する内藤大希さんが主人公・ハロルドとしてconSept作品に初主演。
その父親役、マックラムに『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャンとしても活躍する福井晶一さん。
ダブルヒロインのダフネとミリアムに様々なジャンルの舞台で活躍目覚ましい青野紗穂さんと万里紗さん。
ダフネに恋する新進作家にミュージカル界で急成長著しい遠山裕介さん。
またハロルドの第2の父親的な存在であるサンドイッチ屋のオーナー・クラブルには自由劇場出身の内田紳一郎さん、
そして物語を進行するナレーター役に近年、演出家としても活躍する原田優一さんと、
ミュージカルをはじめ様々なジャンルで活躍する彩り豊かなメンバーが揃いました。
このほど、最新ビジュアルと出演者によるPVが公開されました。停電の夜に動き出す、7人の運命の歯車とは……。
“運命でも、運命じゃなくても、あなたに巡り会えた”のキャッチコピーに込められた作品の世界観を感じる1分14秒です。



【YouTube】




ストーリー


1965年、ニューヨーク、11月9日彼らは巡り会い、惹かれあい、そして・・・ 1964年11月9日。
母の葬儀を終えたハロルド(内藤大希)とその父・マックラム(福井晶一)。
ハロルドは遺品の中にギターを見つけ「母さんはギターを弾いていたの?」と驚きつつ、形見として持ち帰ることにする。
一方すっかり気落ちしたマックラムは、妻が大好きだった「椿姫」のレコードを聞きながら毎日を無為に過ごすようになる。
ちょうど同じ頃、人口1000人ほどの田舎町サウス・ダコタで暮らしていたダフネ(青野紗穂)は、
女優を目指してニューヨークに行くことを決意。姉のミリアム(万里紗)に一人では心もとないからと泣きつき、母を説得。
姉妹は一緒にニューヨークで暮らすことになる。行動的なダフネは洋服店で働きながらオーディションを受ける日々を過ごすが、
あるとき、店の近くのサンドイッチ屋で働いていたハロルドと出会い恋に落ちる。ミリアムは星や宇宙が大好きな内気な女性。
そんな彼女が唯一他人と繋がれるのは、カフェでウェイトレスをしているとき。
ある日、ダフネがオーディション会場で若手劇作家のジョーイ(遠山裕介)に見初められ、新作ミュージカルの主役に抜擢される。
その稽古に明け暮れるうちハロルドとすれ違い始めるダフネ。ミリアムは、突然現れた占い師(原田優一)に未来を予言されるが、
その中に出てきた恋人の条件に合致するのはなんとハロルド。彼女は自身の気持ちに戸惑い田舎へ逃げ帰ってしまう。
サンドイッチ屋のオーナー・クラブル(内田紳一郎)は今日も、優柔不断なハロルドに発破をかけている。
孤独を募らせたマックラムはある決心をする。そして 1965年11月9日、ニューヨーク大停電が起きた。

スタッフ/キャスト


原案:キム・ロゼンストック
脚本・作詞・作曲:ウィル・コノリー、マイケル・ミットニック、キム・ロゼンストック
翻訳:工藤紅
音楽監督:桑原まこ
日本語上演台本・訳詞・演出:板垣恭一
美術:乘峯雅寛
照明:三澤裕史(あかり組)

音響:戸田雄樹(エディスグローヴ)

衣裳:風戸ますみ(東宝舞台)

振付・ステージング:当銀大輔

ヘアメイク:竹節嘉恵(shuhari beauté)

演出助手:明羽美姫

舞台監督:齋藤英明(Roots)、大友圭一郎
後援:TBSラジオ
共催:横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)<横浜公演>

企画・製作・主催:conSept
キャスト:内藤大希、青野紗穂、万里紗、遠山裕介、内田紳一郎、福井晶一、原田優一


 

 

『Fly By Night~君がいた』

 

東京公演:2020年9月1日(火)~9月13日(日)

会場:シアタートラム

 

横浜公演:2020年9月19日(土)~9月22日(火・祝)

赤レンガ倉庫1号館3Fホール

 

チケット料金:9,000円(全席指定・税込)

チケット発売日:東京公演、横浜公演共通 4月15日(水)

https://www.consept-s.com/fbn/

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]