情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」『狐花』特別チラシビジュアル公開! 2024年07月

(2024年07月06日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!
Loading...

歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」『狐花』特別チラシビジュアル公開!


公演概要(リリースより)


2024年8月4日(日)から開幕する
歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」第三部『狐花 葉不見冥府路行』の特別チラシが公開されました。
歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」の第三部では、数多の傑作ミステリーを手がけてきた
小説家・京極夏彦の書き下ろしによる『狐花 葉不見冥府路行』を上演。
歌舞伎の舞台化のために執筆された完全新作が、
7月には小説として刊行(京極夏彦『狐花葉不見冥府路行』、KADOKAWA刊、
7月26日[金]発売予定)、8月には歌舞伎座で上演されるという新たな試みに注目が集まっています。
このたび公開されたのは、『狐花』の世界観を墨絵師・東學が描き下ろした特別チラシ。
物語の鍵を握る“狐花”を手に佇む中禪寺洲齋、謎の男・萩之介と上月家の奥女中・お葉、
作事奉行・上月監物ら物語の登場人物たちが描かれ、美しい青年の幽霊騒動と作事奉行らの
悪事の裏に秘められた哀しき真相に中禪寺が迫る、新たな謎解き物語に期待が高まります。
「京極夏彦×歌舞伎」というファン待望の組み合わせでお届けする、
謎と驚きと切なさが胸を揺さぶる物語にご注目ください。

【小説】―――――――――――――――――――――――――――――――――――
京極夏彦『狐花 葉不見冥府路行』
四六判上製 KADOKAWA単行本 7月26日発売予定

 

 

歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」第三部『狐花 葉不見冥府路行』

 

■脚本:京極夏彦

■演出・補綴:今井豊茂

■出演:松本幸四郎、中村七之助、中村勘九郎ほか

■公演日程:2024(令和6)年8月4日(日)〜25日(日)

(午後6時15分開演)

[休演]13日(火)、19日(月)

■会場:歌舞伎座(東京都中央区銀座4-12-15)

■一般前売:7月14日(日)午前10時より電話予約・WEB受付開始

会場:博多座、兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

チケットホン松竹 0570-000-489(午前10時~午後5時)

 

チケットWeb松竹(24時間受付)https://www1.ticket-web-shochiku.com/t/

八月納涼歌舞伎

 

★記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。
 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]