情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

トラム、二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』ついに開幕 ! 初日コメント・舞台写真あり 2022年11月

(2022年11月23日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(2 人がクリック)
Loading...

トラム、二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』ついに開幕 ! 初日コメント・舞台写真あり




世田谷パブリックシアター トラム、二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』撮影:細野晋司

★関連記事→2022年11~12月シアタートラム、岡本健一と成河 二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』コメントを公開!
https://enterminal.jp/2022/08/tram_kk/

公演について(リリースより)


二人芝居の決定版、演劇界を震撼させた衝撃の問題作『建築家とアッシリア皇帝』
世田谷パブリックシアターでは、シアタートラムにて二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』が開幕いたしました。
本作は8〜9月に上演した『毛皮のヴィーナス』に続き、「トラム、二人芝居」と称し、
新進の演出家と、魅力あふれる実力派のキャ スト陣とのタッグでお送りする、二人芝居企画の第二弾です。
演出はシアタートラム初登場となる生田みゆきです。不条理劇と評される本作を、
残酷で倒錯的な世界を夢想とユーモ アを織り交ぜて描き出した作品であると語り、
生田ならではのフレッシュで斬新な視点で演出に挑みます。
出演は岡本健一と成河。演劇界で縦横無尽に鮮烈な活躍を続ける2人の役者の、夢の競演が実現しました。
このフレッシュかつ強力なコンビの布陣でお届けします。

新鋭の演出家・生田みゆきがシアタートラムで初演出
本作の演出に挑むのは、シアタートラム初登場の生田みゆきです。
16年に文学座座員に昇格後、17年アトリエの会『鳩に水をやる』で文学座初演出を手掛けたほか、
国際演劇協会の「紛争地域から生まれた演劇」の演出や、
今年3月に上演した『オロイカソング』等の各小劇場で魅せる実験的な取り組みが評価を得、
また、さいたま芸術劇場7月公演「ジャンル・クロスII<近藤良平×松井周>『導かれるように間違う』」では
演出補を務めるなど、これからの益々の活躍が期待される演出家です。
世田谷パブリックシアターでは、岡本健一、成河が出演した主催公演「約束の血」4部作『森 フォレ』(21年)で
演出助手として参加。8代に渡る壮大な血の物語を描くに辺り、緻密に描き出す演出:上村聡史のもとで作品づくりを支え、
岡本、成河からの信頼も得た生田が、フレッシュで斬新な感性を生かし、アラバールの名作に挑みます。

現実と非現実が混在する孤島を舞台に、岡本健一、成河が対峙
絶海の孤島に現れる皇帝役は岡本健一、孤島に先住していた唯一の人物・建築家役は成河が演じます。
共に演出経験もあり、戯曲を深く読み込み、体現するクリエイションに定評のある2人。
近作では世田谷パブリックシアター主催「約束の血」4部作『森 フォレ』(21年、上村聡史演出)で共演しました。
俳優として互いに認め、尊敬の念を抱きあう岡本と成河が、三度目の共演となる二人芝居において、ついに一対一で対峙します。
その鍛え抜かれたフィジカルな側面も生かしながら、「ごっこ遊び」さながらに、恋人役や母親役、時には動物にも扮しながら、
次々と現実と虚構の間を往き来して、人間の根源的な欲望に迫るハードな応酬を繰り広げていきます。
岡本健一と成河という俳優だからこそ表現できるに違いない、圧巻の二人芝居に、是非ご期待下さい。


ストーリー


“なんでもいいから俺に奇跡を見せてくれ、お前の存在を感じたいんだ”
絶海の孤島に墜落した飛行機から現れた男は自ら を皇帝(岡本健一)と名乗り、
島に先住する一人の男を建築家(成河)と名付けて、近代文明の洗礼と教育を施そうとする。
お互いの存在を求め合いながらも、ぶつかりあう二人。
そのうち二人は、いろいろな人物の役を演じはじめ、心の底にある欲望、愛憎、そして罪の意識をあからさまに語り出す。
その行為 はやがて衝撃的な結末を生みだすきっかけになっていく……。


世田谷パブリックシアター トラム、二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』撮影:細野晋司

世田谷パブリックシアター トラム、二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』撮影:細野晋司

世田谷パブリックシアター トラム、二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』撮影:細野晋司

世田谷パブリックシアター トラム、二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』撮影:細野晋司

世田谷パブリックシアター トラム、二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』撮影:細野晋司

世田谷パブリックシアター トラム、二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』撮影:細野晋司

世田谷パブリックシアター トラム、二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』撮影:細野晋司

世田谷パブリックシアター トラム、二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』撮影:細野晋司

【初日コメント】初日(11月21日)を終えた現在の心境


◆上演台本・演出:生田みゆき
アラバールが自分の身体の中に渦巻く言葉を殴り書きしたような、
エネルギーに満ちたこの戯曲を何とか立ち上げるために、座組一丸となって実験を繰り返した毎日。
自分の限界に貪欲に挑み続ける二人の俳優にあらゆる演劇的な仕掛けで応戦してきましたが、
劇場に満ちるお客様の「目」こそがこの芝居を成立させる最終兵器だったのだと、初日を迎えて確信しました。
これからも実験が続くこの公演ですが、孤島から世界に挑む二人の男の共犯者として、
マグマのような時間を多くの方に一緒に過ごしていただきたいと思います。

◆【皇帝役】岡本健一
今までに感じたことのない、本当のライブ感というものを感じました。
広大だったり、果てしなさを感じさせたり、かと思えばミニマムな部分もあったり。
そんなアラバールが生み出した世界観と生田さんの演出、そして相手が成河だからこそ感じたライブ感なのだと思います。
戯曲、演出、美術、音楽、そして役者のエネルギーと、演劇のおもしろさをわかりやすくお届けできる作品。
何も考えず、気楽に劇場に来ていただけたら嬉しいです。
気軽に楽しめながらも、深いメッセージも込められているので、思考が解放されるんじゃないかなと。
こんな作品に関わることができて、誇らしく感じています。

◆【建築家役】成河
とても楽しかったです。
生田さん演出のもと、健一さんとのグルーヴ感が日に日に高まって新たな発見があり、
息が合っていく瞬間がお客様の力を借りて感じられて、終わりのない旅がはじまったな、という感じです。
これから楽しい毎日を過ごしたいと思います。
思っていた以上にお客様はよく理解してくださるし、僕らのもっともっと先にいらっしゃるなという感じもしたので、
僕らもさらに追い越していけるようにやっていきたいと思います。
もうなにも考えないで来てください。難しく考えるだけもったいないので、難しく考えずにいらしていただけると嬉しいです。

 

 

『建築家とアッシリア皇帝』

 

【作】フェルナンド・アラバール

【翻訳】田ノ口誠悟

【上演台本・演出】生田みゆき

【出演】岡本健一 成河

 

【日程】 2022年11月21日(月)〜12月11日(日)

【会場】シアタートラム

 

【チケット料金】一般:全席指定7,000円

※ほか高校生以下、U24など各種割引あり

 

【チケット取扱い】世田谷パブリックシアターチケットセンター

03-5432-1515(10〜19時)

世田谷パブリックシアターオンラインチケットhttps://setagaya-pt.jp/

 

【トラム、二人芝居『毛皮のヴィーナス』『建築家とアッシリア皇帝』】

公式 Twitter @tram_2022 https://mobile.twitter.com/tram_2022

【世田谷パブリックシアター公式】

公式 Twitter https://twitter.com/SetagayaTheatre

 

【お問合せ】世田谷パブリックシアターチケットセンター

03-5432-1515

世田谷パブリックシアターオンラインチケットhttps://setagaya-pt.jp/

 

【主催】公益財団法人せたがや文化財団

【企画制作】 世田谷パブリックシアター 【後援】世田谷区

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]