情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

宝塚歌劇花組公演 蘭寿とむ、蘭乃はな 初日会見 2013年04月

(2013年04月04日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(8 人がクリック)
Loading...

宝塚歌劇花組公演
ミュージカル 『オーシャンズ11』
蘭寿とむ、蘭乃はな 初日会見


公演について(公演資料より)


東京宝塚劇場で、花組公演が始まりました。

ミュージカル
『オーシャンズ11』

OCEAN’S ELEVEN and all related characters and
elements are trademarks of and
© Warner Bros. Entertainment Inc.(s12)
脚本・演出/小池 修一郎

2001年に公開されたアメリカ映画で、ダニー・オーシャンと彼が率いる10人の仲間が、ラスベガスにあるカジノの金庫破りに挑む犯罪アクションドラマ。ハリウッドを代表する豪華な俳優が多数出演することでも知られ、2005年に続編の「オーシャンズ12」、2007年には「オーシャンズ13」が公開されています。刑務所から仮釈放された窃盗犯ダニー・オーシャンは、前代未聞の強盗計画を立てていた。そして、それを実行するために、11人の選りすぐりの犯罪ドリーム・チームを作る。彼らは、地下深く分厚い壁に覆われた金庫室を目指すが、オーシャンの目的は意外にも金ではなかった……。男同士の戦い、友情、そして男女間の愛憎が、複雑に絡み合いながら描かれていく。2011年に星組が世界初のミュージカル化、大きな話題を呼んだ舞台をさらにパワーアップして上演いたします。

初日会見が行われました(2013年3月29日)





◆蘭寿とむ
桜が満開のいい時期に初日を迎えることが出来、嬉しく思っております。花組ならではの『オーシャンズ11』を皆様に楽しんでいただければなと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

◆蘭乃はな
花組の『オーシャンズ11』の一員としてよりよいステージをお届けできるよう、日々精進して参りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


――星組版とはまた違った仕上がりになっていますが、花組ならではの『オーシャンズ11』のみどころは?

◆蘭寿とむ
自分自身は(役どころの)ダニー像は映画を見て、ジョージクルーニーさんがあまりにもかっこよくて・・・。大人で頭が切れるけどテスには弱いというあたりを出せたらいいなと思っております。全体としては、イリュージョンが変わったり、客席降りが加わったりしてエンターテインメント性が増したような気がします。それが花組の色となって出たらいいなと思います。

◆蘭乃はな
東京公演から2階席への客席降りもあるので、1階のお客様も2階のお客様も参加型のような舞台になっているかなと思います。

―――イリュージョンがたくさん出てきますがお気に入りの仕掛けは? 

◆蘭寿とむ
ガラスの部屋ですね。ちょっとイリュージョンが変わっているんです。ダニーも一緒に消えます!そしてダイアナさんが出てくるあの辺りが(笑)、楽しいかと思います。

◆蘭乃はな
あえて違うところを挙げると、一幕で若い頃のテスが積み上がっている箱から出てくるところ。初演を拝見した時に、とってもビックリしたので、若さ弾けるテスの勢いと相まって、楽しんでいただけるのかな、と思っております。

―――お二人のおすすめのキャラクターは?

◆蘭寿とむ
おすすめばかりなので・・・(笑) 「他にやるとしたらどの役がいいですか?」とよく聞かれるんですけど、私はリビングストンがやりたいです(笑)。弾けた感じが好きで。あと私が舞台でいつも思うのはルーベンという紫峰七海がやっている役なのですが、何か言うとアドリブで「俺が大蔵省なんだ」というのが口癖で(笑)、私の中では好きなキャラクターです。

◆蘭乃はな
私はベネディクトチームから、ブルーザーを。モヒカンで、普段の生活どうしてるんだろう?と思うんですけれども(笑)、すごくなりきっていますよね。あとボブとディックというベネディクトのSPなんですが、あの二人のなんとも間抜けなところが(笑)いつも見ていてフフッと笑ってしまいます。

―――本日(3月29日)は、宝塚音楽学校の101期生の合格発表がありました。お二人の合格発表時の思い出をお伺い出来たら。

◆蘭寿とむ
合格発表の思い出を披露していいんですか(笑)。忘れもしない合格発表の日、一番前を陣取って見ていて、張り出された瞬間大騒ぎして、隣にいた紺野まひるちゃんと手を取りあって喜んだのですが、それがニュースで流れまして、学校に内緒で受けていたのでビックリした担任の先生が「今、あなたテレビに映ってるけど、どういうことかしら?」と(笑)。でも、「おめでとう」と言っていただきました。

◆蘭乃はな
私は双子の妹と一緒に受験したのですが、もちろん合格発表も一緒に見に行きました。「二人ともあった!」と妹が言ったのですが、いくら探しても自分の番号が、もうハクハクしちゃって見つけられなくって、5分ぐらい探して・・・
(蘭寿)そんなに?
(蘭乃)そのくらいもうハクハクしちゃって。今でも合格発表のときや受験の時のことを思い出すと胸が熱くなります。

―――後輩に向けてのメッセージもお願いします。

◆蘭寿とむ
101期生ですか、100期生でもビックリしたので。来年100周年を迎えますので、彼女たちが次の宝塚を担っていく人たちだと思うので、本当に舞台が大好き、宝塚の舞台が大好きという気持ちを一番大切に持って、頑張ってくれたらいいなと思います。

◆蘭乃はな
私も、宝塚が好きという気持ちが本当に一番大切なもので、全ての原動力になってくると思うので、その心を大切に育んでいって欲しいと思います。

 

宝塚歌劇花組公演

 

ミュージカル 『オーシャンズ11』

 

東京宝塚劇場公演

公演期間: 2013年3月29日(金)~5月5日(日)

 

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/correlation/j316.html

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]