情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

2014年秋 ミュージカル 『ファントム』上演決定!主演:城田優よりコメント到着 2013年09月

(2013年09月10日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(3 人がクリック)
Loading...

2014年秋 ミュージカル 『ファントム』上演決定!
主演:城田優よりコメント到着

860_01

公演について(公演資料より抜粋)

この度、2014年秋に城田優主演ミュージカル『ファントム』が東京・大阪で上演されることが決定いたしました。 『ファントム』は、フランスの小説家ガストン・ルルーにより発表され、1911年にベストセラーになった小説「オペラ座の怪人」を原作とするミュージカル作品です。実は、86年のアンドリュー・ロイド=ウェバー版『オペラ座の怪人』初演の前から、『NINE』(82年)を製作した脚本家アーサー・コピットと作曲家モーリー・イェストンの黄金コンビがこの小説に着目し、ミュージカル化を進めていました。そして出版から80年後の91年にコピット&イェストン版の『ファントム』は初演を迎え、怪人ファントムの人間像に焦点をあてたストーリーと独創的な楽曲で各所から高い評価を得ました。 仮面を被り、オペラ座の地下で生きていかねばならない運命を背負い、自らを”オペラ座の怪人”と名乗る主人公ファントムことエリック。本作は、彼の苦渋に満ちた人生や心の葛藤を鮮明に浮かび上がらせ、悲劇の結末までもドラマティックに描き出す味わいの秀作です。よく知られるロイド=ウェバー版とはひと味もふた味も違う『ファントム』も、ミュージカルのベストセラーとして世界中で親しまれています。


城田優ファントム役初挑戦

この“もうひとつの”『ファントム』に挑むのは 城田優。現在上演中のミュージカル『ロミオ&ジュリエット』でもその類まれな歌唱力と演技力で日本ミュージカル界をけん引する俳優になりつつある城田が、従来の「怪人」を払拭する純粋無垢な精神と、引き裂かれた想いから噴き出す血のような情感で、観客の心を激しく揺さぶることでしょう。

そして演出は、『オペラ座の怪人』を知り尽くしたハロルド・プリンスプロダクションで今最も注目の若手演出家ダニエル・カトナーが新演出で挑みます。

人間“ファントム”として、歌うこと以上に演じることに重きをおいて描かれた『ファントム』。ミュージカル作品の中でも非常に稀有な本作に是非ご期待ください。


城田優コメント

ファントムという役は、今まで僕が演じてきたどの役ともまったく違う、とても興味深い役です。深い暗い影もあれば美しい光の部分も持っている、ギャップのある人物。舞台では彼の繊細な心を表現できるようにしたいと思っています。作詞&作曲のモーリー・イェストンさんには、ニューヨークで直接お目にかかった時「ありのままの、君らしいファントムを演じてくれればいい」という言葉を頂きました。城田優ならではのファントム像を築けるよう、頑張ります。

 

ガストン・ルー原作「オペラ座の怪人」より

ミュージカル 『ファントム』

~究極の親子愛を描いた もうひとつのファントム~

 

脚本 アーサ・コピット

作詞・作曲 モーリー・イェストン

演出:ダニエル・カトナー

 

東京公演 赤坂ACTシアター

大阪公演 梅田芸術劇場メインホール

 

2014年秋上演 詳細は後日発表!

 

公式サイト https://www.umegei.com/musical-phantom/

 

お問合せ 梅田芸術劇場

東京 0570-077-039 大阪 06-6377-3800

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]