情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

宝塚歌星組公演『こうもり』『THE ENTERTAINER!』 北翔 海莉、妃海 風 囲み取材 2016年05月

(2016年05月18日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(18 人がクリック)
Loading...

宝塚歌星組公演『こうもり』『THE ENTERTAINER!』 
北翔 海莉、妃海 風 囲み取材

4210

公演について(公演資料より)

MUSICAL 『こうもり』・・・こうもり博士の愉快な復讐劇…
-ヨハン・シュトラウス二世 オペレッタ「こうもり」より-
脚本・演出/谷 正純

“ワルツ王”と呼ばれる、ヨハン・シュトラウス二世の傑作オペレッタ「こうもり」。名曲の数々で彩られ、今なお世界中の人々に愛される作品が、北翔海莉を中心とした星組メンバーにより新たに飛びっ切り愉快なミュージカルとして甦ります。 19世紀後半のウィーン。ファルケ博士は、親友のアイゼンシュタイン侯爵と共にエリザベート皇后主催の仮装舞踏会に出席。その帰り道、調子に乗って泥酔したファルケは、彼を持て余したアイゼンシュタインによって大通りに縛り付けられ、そのまま一夜を過ごすこととなる。“こうもり”の扮装のまま朝を迎えたファルケは、街中の笑いものとなり、“こうもり博士”の渾名を頂戴する羽目に。自業自得とは云え怒りが収まらないファルケは、アイゼンシュタインに対する愉快な仕返しを考えた。個性的な登場人物が織りなす、虚々実々の駆け引きをお楽しみ下さい。

ショー・スペクタキュラー 『THE ENTERTAINER!』
作・演出/野口 幸作

「究極のエンターテイナー」北翔海莉率いる星組の魅力を余すところなく見せる、華麗多彩なショー作品。 日常を忘れさせ、観客に最高の感動を与える者「ENTERTAINER」をテーマに、ジャズ・クラシック・ポップスなど様々な名曲を現代的にアレンジし、心躍る場面の数々で構成した新時代のエンターテインメント・ショーをお届け致します。なお、この作品は野口幸作の宝塚大劇場デビュー作です。  

初日囲み取材が行われました。(2016年5月13日)

4176

◆北翔 海莉
本日より6月19日まで上演致します『こうもり』『THE ENTERTAINER!』は
2作品とも再演ではなくオリジナル作品としてご披露致します。
今の星組生の持つ力を最大限に発揮して究極のエンターテイナーを目指して
頑張りたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

◆妃海 風
『こうもり』『THE ENTERTAINER!』は、関西でお客様と一緒に
楽しんで公演してまいりましたので、東京の皆様とも一緒に楽しめたらなと思います。


―――みどころを。

◆北翔 海莉
オペレッタを大劇場でやりたいというのが私の夢でございました。
以前、専科時代に 『THE MERRY WIDOW』という作品に出演しましたが、
星組メンバーで大劇場でオペレッタに挑戦出来るというのは嬉しく思います。
約70名近くの出演者が全員でシャンパングラスを持ってオペレッタ、歌を歌うというのは
豪華だなと(出演しながら)思います。その豪華な歌をお聞きいただけたら嬉しいです。
ショーは野口先生の大劇場デビュー作品です。
先生の思いの詰まった、そして今の星組生の個性の詰まったショーになっております。
舞台装置もお衣裳も、スタッフさんたちとの総合芸術として成り立っております。
役者だけでなくそこのところもお楽しみいただけたらと思います。

◆妃海 風
『こうもり』もオペレッタですが、宝塚らしい男役さんのお衣裳や娘役さんのかわいらしさが
たくさん詰まっていて、ショーも宝塚ファンには嬉しいゴンドラ降りやケーンやシルクハット
などを使った素敵な場面がたくさんありますので楽しんでいただけたらと思います。

4197

―――野口先生の大劇場デビュー作というお話がありましたが、新しい先生と取り組まれて
稽古場でのエピソードや新鮮に感じられたことなどございましたら。


◆北翔 海莉
野口先生は宝塚ファンで演出家になられた方なので、ファンの気持ちが分かると言うか、
こうやったらファンの方が喜ぶだろうなと、(作り手はもちろんそう考えなくてはいけないと思いますが)
特に客席側からの画やファンが喜ぶツボを考えながら作られたので、ちょっとした角度や
お衣裳のポイントもこだわっていらっしゃいました。野口先生が一番楽しんでいらっしゃったのでは
ないかなと思います(笑)。

―――ショーでお気に入りのシーンは。

◆妃海 風
ゴンドラ降りですね。

◆北翔 海莉
それ、二人の場面じゃないじゃない(笑)。
私はやっぱり、関西では102人ロケットでしたが、初舞台生がいなくなり70人位になりましたが、
全員が集中して作る大勢口のロケットは、ショースターを目指してお稽古してきた
舞台人にとってはMGM風やああいう場面は一番の憧れです。そう言う意味では
あの場面が一番素敵かなと思います。

◆妃海 風
私はプロローグで(北翔さんと)手を繋いで一緒に降りられるのが嬉しいです(笑)。

◆北翔 海莉
踊っているところじゃなくて、ただ降りるところですみません(笑)。

◆妃海 風
あそこ、ハートの照明になっているんですって。

◆北翔 海莉
そうなの?そんなの全然知りませんでした。


4204

―――『THE ENTERTAINER!』というのは北翔さんを言い表す言葉のようですが、
エンターテイナーとして心がけていることは?


◆北翔 海莉
何でも出来る芸達者がエンターテイナーではなく、お客様が心の底から楽しんでくださるパフォーマンスをするのが
究極のエンターテイナーだと思います。技術ももちろんですが、お客様に楽しんでいただく、幸せになっていただく
という気持ちを第一に、舞台を務めています。

◆妃海 風
公私ともに、いろいろな人を笑わせられる人でありたいなと思います。
面白いことをするということではなく・・・

◆北翔 海莉
笑顔にね。

◆妃海 風
そうですね。笑顔にさせられるエンターテイナーになりたいなと思います。


4205

4213

 

 

宝塚歌劇星組公演

『こうもり』『THE ENTERTAINER!』 

 

日程:2016年5月13日(金)~6月19日(日)

会場:東京宝塚劇場

 

https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2016/die_fledermaus/index.html

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]