情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

宝塚歌劇宙組公演『王妃の館-Château de la Reine-』『VIVA! FESTA!』朝夏まなと、実咲凜音囲み取材 2017年04月

(2017年04月01日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(3 人がクリック)
Loading...

宝塚歌劇宙組公演 ミュージカル・コメディ『王妃の館 -Château de la Reine-』
スーパー・レビュー『VIVA! FESTA!』
朝夏まなと、実咲凜音 囲み取材

975_0001

公演について(公演資料より)

ミュージカル・コメディ
『王妃の館 -Château de la Reine-』
~原作 浅田次郎「王妃の館」(集英社文庫刊)~
脚本・演出/田渕 大輔


太陽王ルイ14世が残した「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)」を舞台に、
個性豊かな登場人物たちが織り成す人間模様をコミカルに描いた浅田次郎氏の小説「王妃の館」。
このベストセラーを、宝塚歌劇ならではの演出を加えミュージカル化致します。
パリ、ヴォージュ広場の片隅に佇む「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」は
一見客の宿泊を許さぬ高級ホテルだが、実際は深刻な経営難に陥っていた。
そこに目を付けた旅行社「パン・ワールド・ツアー・エンタープライズ」はホテルとタッグを組み、
高額の“光ツアー”、格安の“影ツアー”それぞれに同じ客室を利用させるという奇策に打って出る。
しかし集まったのは風変わりな人気作家ら、一筋縄ではいかない癖者ばかり。
かつての城主、ルイ王の物語が紐解かれる中、様々な騒動を繰り広げるのだが……。
なお、この作品は演出家・田渕大輔の宝塚大劇場デビュー作となります。

スーパー・レビュー
『VIVA! FESTA!』
作・演出/中村 暁


祈り、感謝、願いなど、生きる為に大切な想いが集約され、人々が非日常の世界に集うFESTA(祭り)。
リオのカーニバル、中欧・北欧に伝わるヴァルプルギスの夜、スペインの牛追い祭りや
日本のYOSAKOIソーラン祭りなど、世界各地のFESTAをテーマにしたスーパー・レビュー。
宙組のパワー漲る数々の場面をお届け致します。朝夏まなとを中心とした宙組のFESTAに、ようこそ!

初日囲み取材が行われました。(2017年3月31日)

975_0004

◆朝夏まなと
千秋楽まで健康第一に、皆様に喜んでいただける舞台をお届けしたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

975_0004

◆実咲凜音
千秋楽まで誠心誠意務めたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

―――芝居とショーの見どころをお聞きできたらと思います。

◆朝夏まなと
お芝居は個性豊かなキャラクターが暴れまくるお話の中で、笑いもたくさんありますが、
最後には心温まるような少しホロッとするようなシーンもありますので、
皆様の明日への活力にもなるような舞台になったらいいなと思います。
またショーは祭りがテーマですが、本当に盛り上がる様々なシーンが盛りだくさんなので、
一緒に声を出して「ソーラン宙組」をやっていただけたらと思います。

◆実咲凜音
お芝居は今回コメディということで難しい部分もあるのですが、
新鮮さを大切に作っていけたらいいなと思っております。
ショーは群舞がとても多くて、群衆のエネルギーがお客様に届くように、
みんなで力を合わせて日々楽しみながら、そしてパワーを送りたいと思います。

―――朝夏まなとさんは退団を発表されましたが、
残りの舞台をどのように務めていくか意気込みを聞かせてください。


◆朝夏まなと
私自身はあまり意識はしていなくて、今は実咲(凜音)を無事に送り出すことが私の使命だと思いますので、
しっかりとサポートしたいですし、私自身は最後まで変わらずに、一日一日成長して
少しでもクオリティの高い舞台をお届けしたいなという思いだけです。

―――役作りで苦労した点とショーで好きなシーンはどこですか?

◆朝夏まなと
北白川右京というのは本当に変な人で、すごく役作りが大変だったのですが(笑)
でも、成功者ゆえに、きっとそこを守らなきゃいけない葛藤とか、
そういうところが見栄に出てしまったという。もともとは普通の人間で、
ただ小説を書くことこ好きだった人というところを無くさずに、ちょっとセレブ気取りの
うぬぼれやになってしまったという風に見えて、そこからまた昔の自分プラス成長していくという
ところが見えたらいいなと思っていて、メリハリですかね。
ショーで好きな場面はいっぱいあるのですが、黒燕尾からのデュエットダンスの流れが好きです。
でもソーラン宙組も好きですね。

◆実咲凜音
お芝居では、桜井玲子は会社を守るためにダブルブッキングをしてしまうのですが、彼女の持つ、
まっすぐな、信じたら突き進んでいくという彼女の持ち味というか、難しいのですがもっと
深めていけたらと思っています。ショーでは、デュエットダンスはとても素敵な場面です。
そして、ソーラン宙組も好きです。

―――コンビとして集大成ということになりますが、お互いにエールをお願いします。

◆朝夏まなと
大きい花を咲かせてください。

◆実咲凜音
いつも、このようにおっしゃっていただいて、本当にありがたいお言葉だと思って。
最後まで成長できるように頑張りたいと思います。

―――(原作者の)浅田次郎先生はご覧になられましたか?

◆朝夏まなと
まだです。どのようなご意見が伺えるのか楽しみです。

975_0002

975_0003

 

 

宝塚歌劇宙組公演

ミュージカル・コメディ『王妃の館 -Château de la Reine-』

スーパー・レビュー『VIVA! FESTA!』

 

日程:2017年3月31日(金)〜4月30日(日)

会場:東京宝塚劇場

 

https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/ouhinoyakata/index.html

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]