情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

宝塚歌劇団74期生 30周年記念公演『Fiesta del 74!!』紫鳳あけのさん、はやせ翔馬さん インタビュー 2018年07月

(2018年07月12日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(1 人がクリック)
Loading...

宝塚歌劇団74期生 30周年記念公演『Fiesta del 74!!』
紫鳳あけのさん、はやせ翔馬さん インタビュー

975_0001
振付担当はやせ翔馬さんとプロデューサー紫鳳あけのさん

公演内容(リリースより)

1988年花組公演「キス・ミー・ケイト」にて初舞台を踏んだ宝塚歌劇団74期生
30周年を記念して今秋集結!

男役・娘役トップスターを5人も輩出したほか、実力派スターから組長まで、
宝塚歌劇団の歴史の1ページを色彩豊かに彩る74期生。

彼女たちの、宝塚音楽学校での出会いから初舞台、そして新たなる再会までを
思い出の名曲やエピソードで綴る、ストーリーショー!

出演 (五十音順)
麻希 ゆい
麻乃 佳世
一紗 まひろ
加茂 うらら
貴月 あゆむ
紫鳳 あけの
白城 あやか(30日のみ出演)
涼里 有花
時 由布花(30日のみ出演)
渚 あき(30日のみ出演)
はやせ 翔馬
妃宮 玲子
二葉 かれん
舞路 はるか
真地 ありさ
美郷 真也
森奈 みはる
和央 ようか

他 74期生有志




紫鳳あけのさん、はやせ翔馬さん インタビュー
(2018年7月1日 取材・撮影・文:住川禾乙里 )


宝塚歌劇団74期生 30周年記念公演『Fiesta del 74!!』が、
2018年9月29日、30日に東京・恵比寿ガーデンルームで開催されます。
この公演は、1988年花組公演「キス・ミー・ケイト」にて初舞台を踏んだ宝塚歌劇団74期生が出演する公演。
今回は、プロデューサーの紫鳳あけのさん、振付を担当するはやせ翔馬さんにインタビューしました。

―――公演を企画したきっかけは?

◆紫鳳あけの
去年12月、仕事で東京に来た時に、同期生数名で集まって近況を聞いたり楽しく喋ったんです。
その帰りの飛行機の中で「来年30周年だな~」と思って。
これまで上級生で芸能活動されている方々は、ご自身で開催されたり、
同期の3人くらいが集まってディナーショーをすることが多くて素晴らしいなと思っていたんです。
「30周年だから同期会はやろう」と話はしていたのですが、うちの同期はアクティブな人たちも多いし、
皆で集まってイベントをやったら面白いんじゃないかと、その時にひらめいたんです。
飛行機の中で企画を紙に書き始めたらどんどんイメージが湧いて出てきました。
飛行機から降りてすぐに所属している事務所に連絡をしました。
そしたら「できると思う!バックアップするからやろうよ」と言ってくれて、
その後すぐに皆に相談したら「いいんじゃない?」「できるかもしれないね」と言ってくれたので、
これは「もしかしたらできるかも!」思いました。
そこで、同期生は41名が初舞台を踏んでいるのですが、絶対に41名全員に声をかけようと思ったんです。
今現在、芸能活動をしていない、仕事をもってバリバリ働いている人も家庭に入っている人も、
再び30年の時を経て同じステージの上に立つ事に意味があるんじゃないかと思いまして。
同期全員が参加する公演にしたいと思います。
そんなヒラメキから生まれた「言い出しっぺ」だからプロデューサーをしています(笑)。

―――ひらめきから生まれたことが実現に向けて一気に形になったのですね。

◆はやせ翔馬
それはすごいエネルギーだったと思う。最初は皆も「できるんじゃない!?」とは言っても、
「どうやったらいいの?」「何からやったらいいの?」というところを彼女はポンポンっと
事務所の協力を得ながらやっていき、全員に声をかけるのも本当に早かった。

◆紫鳳あけの
同期生全員に言って半分以上に「やめようよ」と言われたらできないと思っていました。
正直、芸能活動している人だけに声をかけた方が楽なんですよ。
でも今回は、74期としてのお祭りとしてやりたかった。出られない人がいるのも当たり前だけど、
何かしらの形で皆が参加できるようにしたかったんです。それでなければ意味がないなと思っていたので。
でも「できるよ!」と言い続けていたら、できるように形になっていくものですね。

―――現時点で18名が出演される予定とのことですが、チラシには“有志”とも書かれていますね。

◆紫鳳あけの
今回は東京公演なので、関西にいて来られない人もいます。
そこで考えたのが、関西チームにコーラス有志という形で参加してもらうことにしました。
当日はコーラス有志で録音したものを本番で流して、そこに生歌を重ねる予定です。
また、海外にいたり、どうしても参加できない人もいるので、全員の顔写真や音楽学校時代、
現役時代の写真を50音順でスライドで流すので、実は全員参加しているという形にしたいと考えています。

―――舞台の上にいなくても、全員が参加しているのですね。公演の内容についてもお話し頂けますか?

◆紫鳳あけの
途中にお話が入るストーリーショーのような形になっています。
宝塚の組ごとに分かれて思い出の曲をその組に所属していたメンバーたちで歌います。
また男役・娘役トップスターの5人が出演するので、スターたちの幻のデュエットがお楽しみいただけます。
和央ようかと麻乃佳世、白城あやか、渚あき、森奈みはるというデュエットをご用意しておりますので、
観ている方はとってもレアなデュエットソングを聞くことができます。
あとは私たちの初舞台である『キス・ミー・ケイト』の中から抜粋した曲で
振付担当の翔馬と数名によるダンス場面がございます。
あっという間に終わってしまうと思いますけど、お客様にも昔を思い出していただければと。
また、今回私たちが集まるのは思い出ということもあるのですが、これからの30年に向けた私たちが、
また頑張るよ!だから皆も頑張ろうねというメッセージが伝われば良いなと思っています。

―――幻のデュエットは当時を知っているお客様からしたら、すごく貴重ですね。

◆紫鳳あけの
そうですね。この人とこの人が歌うんだ~と、私たちも作っていて楽しいです。

―――今回はやせ翔馬さんは振付を担当するということですが。

◆はやせ翔馬
全編ではないのですが、ダンスナンバーの振付と、デュエットの時に動き方や振りが必要なシーンがあれば、お手伝いします。
特にダンスナンバーは気合いを入れていますね。お客様の中でも、普段観ているレビューショーでも忘れられない
ダンスシーンってあると思うのですが、今回はそんなシーンにしたいと思っています。
自分たちにとっても心に残るシーンになるし、観て下さっているお客様にも心に残る名シーンにしたいので、
そこはメンバー一丸となって頑張りたいと思っています。

―――今回は同期の方に振りを付けられますが、普段と違う感覚などはありますか?

◆はやせ翔馬
皆、色々なことがちゃんとできるメンバーなので、逆に教えてって(笑)。
私はダンスが好きということで退団後もダンスを突き詰めてきているだけなので、
皆と一緒にやることによって私自身も何か得られれば良いなと思っています。
振付というよりも学ばせてもらう場にもなるかな。すごく楽しみです。

―――今回出演される方からの要望も入っているのですか?

◆紫鳳あけの
はい、最初に聞きました。ソロ曲がある人は自分が温めている曲とか、記念に歌いたいと思う曲を聞いてみたり。
希望を聞いて、そこから私と構成・演出の獅堂カオリが相談をして構成を考えました。

―――チケットも即完売だったとのことですね。

◆紫鳳あけの
完売して安心した反面、チケットが取れずに残念がっている方もいらして本当に申し訳ないという気持ちでいっぱいです。

―――観ることができない方は本当に残念ですが、
観られるファンの皆さんは色々な角度から楽しめる公演になりそうですね。


◆紫鳳あけの
同期全員が参加する公演ではあるのですが、最初に「参加するよ」とエントリーしてくれた人を考えると
“これは自分たちのお祭り、身内だけの楽しい公演”という気持ちじゃダメだと思い、
そこからまた気合いを入れ直しました。
キラキラした時間をお客様と一緒に思い出あり、涙あり、笑いあり、
そして未来に向けてという内容になればと思っています。

◆はやせ翔馬
お客様に30年間支えてもらったという感謝の気持ちで伝えたいですね。

◆紫鳳あけの
30年前から観て下さっているお客様にもいますし、この30年の間でお付き合いが始まった方もいらっしゃる。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。チケット取れなかった方には本当にごめんなさいという気持ちですし、
もっといっぱいの方に見てもらいたかったですね。やるからには、頑張ります!

 

 

宝塚歌劇団74期生 30周年記念公演

『Fiesta del 74!!』(フィエスタ デル セブンティーフォー)

 

公演日程:

2018年9月29日(土)18:00開演(17:30開場)

2018年9月30日(日)12:00開演(11:30開場)

2018年9月30日(日)16:00開演(15:30開場)

会場:恵比寿ガーデンルーム

 

チケットは完売しております。

 

http://www.goldenbird.jp/takarazuka74.html

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]