情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

宝塚歌劇 雪組公演 ミュージカル『ファントム』制作発表会見・パフォーマンス 2018年10月

(2018年10月12日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(3 人がクリック)
Loading...

宝塚歌劇 雪組公演
三井住友VISAカード ミュージカル『ファントム』
望海 風斗、真彩 希帆、彩風 咲奈 制作発表会見・パフォーマンス

公演内容

三井住友VISAカード ミュージカル『ファントム』
PHANTOM
Book by Arthur Kopit
Music and Lyrics by Maury Yeston
Based on the novel by Gaston Leroux
“Originally Produced in the United States at Theatre Under the Stars, Houston, Texas”
“PHANTOM is presented through special arrangement with Music Theatre International (MTI).
All authorized performance materials are also supplied by MTI.
423 West 55th Street, 2nd Floor, New York, NY 10019 USA
Phone: 212-541-4684 Fax: 212-397-4684 www.MTIShows.com”
脚本/アーサー・コピット 作詞・作曲/モーリー・イェストン
潤色・演出/中村 一徳 翻訳/青鹿 宏二

ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」をもとに、
脚本アーサー・コピット、音楽モーリー・イェストンによって1991年に初演、
米国内ツアーでの好評を受け、その後世界各地で上演されてきたミュージカル『ファントム』。
宝塚歌劇では2004年に宙組により初演、怪人の心の葛藤を鮮明に浮かび上がらせ、
悲劇の結末をよりドラマティックに描き出した宝塚歌劇ならではのロマンティックな
舞台が高い評価を得て、その後の再演も好評を博し常に上演希望が寄せられる
人気ミュージカルとなりました。伸びやかな歌声に定評のある望海風斗がファントム役に挑むにあたり、
この度の雪組公演では新たな『ファントム』の世界をお届け致します。

宝塚歌劇 雪組公演
三井住友VISAカード ミュージカル『ファントム』制作発表会見(2018年9月25日)


宝塚歌劇 雪組公演 三井住友VISAカード ミュージカル『ファントム』のパフォーマンス披露と制作発表会見が行われ、
宝塚歌劇団 理事長の小川 友次さん、三井住友カード株式会社 代表取締役社長の大西 幸彦さん、
宝塚歌劇団 演出家の 中村 一徳さん、そして雪組の望海 風斗さん、真彩 希帆さん、彩風 咲奈さんが登壇されました。

◆潤色・演出/中村 一徳
正直、初演から4度目の公演をさせていただけるとは夢にも思っておりませんでした。
これもご覧いただいた方、そして関係者の方々の、この作品をご支持していただき、
また愛していただいたおかげだと思っております。
今回は宝塚(大劇場公演)では2018年度版となり、東京(宝塚劇場公演)では2019年度版となりますが、
装置、衣装など視覚的には全て演出を変えていこうと思っております。
もちろん、アーサー・コピットの脚本、モーリー・イェストン氏の素晴らしい楽曲は、
そのままお届けしようと思っておりますが、今回ならではの作品にしたいと思っております。
このお話をいただいてから雪組は本当に素晴らしい作品を作り上げてきておりますので、
それとダブらせて一体『ファントム』はどのようになるのかと、ずっと客席から観ておりました。
とても大きな可能性を含んでいる雪組と、このような形で4度目の作品を作らせていただくことを
光栄に思っております。4度目ということなので、4度目の公演に恥じないように、
良い作品に作り上げていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

◆望海 風斗

私は花組時代に2回『ファントム』に出演させていただきました。
初めて出演した時から素晴らしい音楽にすっかり魅了され、この作品ならではの人間模様に心を掴まれ、
いつか主人公エリックを演じてエリックの心の中を覗いてみたいと、ずっと思っていました。
今回、その夢が叶うこと本当に嬉しく思っております。
雪組としては初めての『ファントム』。先日お稽古が始まって、それぞれが複雑な譜面と戦う日々ですが、
音楽の先生がいらない真彩(希帆)のクリスティーヌ・ダーエと(笑)。下級生なのに、とてもしっかりとして
支えてくれる彩風(咲奈)のキャリエールと、役替わりがありますので彩凪(翔)、朝美(絢)と、
雪組のみんなと素晴らしい『ファントム』になるように心を込めて作りたいと思います。
よろしくお願いいたします。

◆真彩 希帆
私も『ファントム』という作品は受験生時代から大ファンでありまして、
今回雪組で、自分自身もクリスティーヌという役で出演させていただけるというお話を伺った時は、
本当に夢のようで幸せでいっぱいでございました。先ほど、望海さんもおっしゃっていたのですが、
お稽古場でたくさんの譜面をいただいて、大好きだったCDやDVDでずっと見て聴いていた
『ファントム』の楽曲が雪組のみんなで紡がれるのを肌で感じて、
また望海さんがファントムとして歌われているのを感じて、お稽古場から大変感動しております。
自分もクリスティーヌとして、(望海さんに向かい)先生いらなくないので(笑)
しっかりお稽古を重ねて、“天使の歌声”と言われるクリスティーヌとして舞台が務められるように、
精一杯お稽古をして参りたいと思っております。
望海さんに付いて、彩風さん、雪組のみんなと精進して参りますので、よろしくお願いいたします。

◆彩風 咲奈
『ファントム』を雪組で上演すると聞いた時に、私も望海さんのファントムと真彩のクリスティーヌを
単純に観てみたいとファン心で思ってしまったので、まさか自分が(ジェラルド・)キャリエールという役を
させていただるとお聞きした時には、身の引き締まる思いでした。
まさか望海さんの父親役をする日が来ようとは…と、今からドキドキしていますが、
素晴らしい楽曲の良さを私も心を込めてお届けできるように、精一杯お稽古して参りたいと思います。
二人を見守りながら作品全体を見守ってるような、そんな大きな心でキャリエールを演じられたらと思っております。
よろしくお願いいたします。






 

 

宝塚歌劇 雪組公演

三井住友VISAカード ミュージカル『ファントム』

 

会場:宝塚大劇場

期間:2018年11月9日(金)~ 12月14日(金)

 

会場:東京宝塚劇場

期間:2019年1月2日(水)~ 2月10日(日)

一般発売:2018年11月25日(日)

 

公式サイト

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]