情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

宝塚歌劇月組公演 龍 真咲、愛希 れいか囲み取材 2016年01月

(2016年01月06日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(7 人がクリック)
Loading...

宝塚歌劇月組公演
Musical『舞音-MANON-』~アベ・プレヴォ「マノン・レスコー」より~
グランドカーニバル『GOLDEN JAZZ』
龍 真咲、愛希 れいか 囲み取材

9541

公演について(公演資料より)

Musical『舞音-MANON-』
~アベ・プレヴォ「マノン・レスコー」より~
脚本・演出/植田 景子
作曲/Joy Son


フランス恋愛文学の最高峰の一つであり、バレエやオペラ作品としても人気の高い、アベ・プレヴォ作「マノン・レスコー」。
将来を嘱望されるエリート青年が、自由奔放に生きる美少女マノンに魅せられ、その愛に翻弄される
ドラマティックなラブストーリーを、20世紀初頭のフランス領インドシナに舞台を置き換え、
アジアンテイストを散りばめた新鮮な世界観で描き出します。

1929年夏、フランス貴族の血を引く海軍将校シャルルは、駐屯先であるコーチシナ(現ベトナム南部)・サイゴンの
港に到着する。熱帯地方独特の、湿ったけだるい空気に包まれたシャルルは、今までに感じたことのない
強い運命の力が、自分を未知の世界に導いていくかのような不思議な予感にとらわれる。そんな彼の前に、
黒髪の美少女が現れる。彼女は、社交界では有名な踊り子で、金持ちの男達の心を次々に捕えては、
自由気儘に豪奢な暮らしをしていることから、“舞音(マノン)”と呼ばれていた。
一目で彼女に恋してしまったシャルルは、その想いを止めることが出来ず、マノンと共に避暑地のヴィラへと向かい、
二人は至福の時を過ごす。しかし、マノンの兄、クオンが彼女を連れ戻しにやって来る。
華僑のパトロンの元へと去ってしまったマノンを許すことが出来ないシャルルは、彼女を忘れようと苦悶するが、
そんな彼を、旧友のクリストフが親身になって心配する。そして、シャルルがインドシナ総督の一人娘カロリーヌとの
婚約の決心を固めようとした時、再び、彼の前にマノンが現れ・・・・。
フランス支配に対する独立運動の不穏な空気が流れる中、マノンへの愛に全てを投げ打つ覚悟を決めたシャルルの前に、
次々と過酷な運命が立ち塞がる。
ニューヨーク在住の韓国人作曲家ジョイ・ソン氏、そして、振付に元・ハンブルクバレエ団ソリスト大石裕香氏と、
国際的に活躍する女性アーティストをクリエイティブスタッフに迎えて創り出す、東洋のエキゾティシズム
溢れるオリジナルミュージカル、アジア版「マノン」にご期待下さい。

グランドカーニバル
『GOLDEN JAZZ』
作・演出/稲葉 太地


数ある音楽の中でも、リズミカルな旋律で私たちの心を揺さぶるジャズ。
ルーツであるアフリカ音楽から現代に至るまでのジャズの変遷を辿りながら、バラエティに富んだ数々の場面で構成する
ショー作品です。龍真咲を中心とした月組の個性溢れるメンバーが、様々な角度からジャズの魅力をお届け致します。

初日囲み取材が行われました。(2016年1月3日)

9509

◆龍 真咲
明けましておめでとうございます。
いよいよ2016年月組公演が始まります。私も退団発表を致しまして
気持ちも新たに改めて初心に戻りまして地を固めていきたいなと思っております。
今の力を全て出しきって一日一日燃え尽きて、またそれをエネルギーとして
公演していきたいなと思っております。

◆愛希 れいか
明けましておめでとうございます。
2016年の幕開けに東京宝塚劇場で公演出来ますことを嬉しく思っております。
一回一回の公演を精一杯の力を出し切りながら大切に公演していきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。

―――原作の「マノン・レスコー」を見事にアジアに移した作品ですが、
『舞音-MANON-』で感じている手ごたえや役作りで大切にしていることをお聞かせ下さい。


◆龍 真咲
今回は演出家・振付家・作曲家、みなさん女性だったので、
お話を伺った時に手作り感の溢れる、ピュアなんだけど
宝塚で一番大切にしなければいけない「愛を貫く」という精神が
たっぷり含まれているところがみどころではないかと思います。
私の役・シャルルはマノンを愛し抜くのがテーマなので、
それだけでやっていきたいと思います。

◆愛希 れいか
私も愛を常にテーマにしています。
マノンが「愛とは何なのか」と歌っているように、そこを追求していきたいと
思います。心を開放して自由に「生きる」ということを感じて
しっかりマノンを演じたいと思います。

―――ひと公演ぶりにコンビでガッチリ組まれていますが、
改めてお互いの魅力を感じたり、新たな発見はありますか。


◆龍 真咲
(先に)どうぞ。

◆愛希 れいか
そうですね。

◆龍 真咲
無しです(笑)。

◆愛希 れいか
無いことないです!
すごく嬉しかったというのが一番です。でも私がガチガチに緊張して身構えている
部分がありますが、(龍さんの)何事に対してもまっすぐに取り組む姿や
ストレートに伝える感情を私もしっかり受けて、それを返したいなと思っています。

◆龍 真咲
今聞いていて思ったのは、こんなに長い間コンビを組んでいるのに緊張するんだという
ところに初々しさを感じました。そう居られるコンビを新鮮に感じています。
作品ごとにいろんな役をやっていますが、組まない作品も多かったので、
こうやって今、改めてガッチリ組むタイミングを大切にしたいです。

―――退団発表してからの公演ですが心境の変化は。

◆龍 真咲
退団発表するまでは自分の中で抱え込んでいて
言えないことがあるのはこんなに苦しいことなんだと息が詰まっておりました。
言って私の全てが解放されました。見えるものも聞こえるものも、
組子のまなざしも、今までも温かかったのですが、更に明るく温かく見えて
すごく幸せです。

9527

9537

9546

 

宝塚歌劇月組公演

Musical『舞音-MANON-』

グランドカーニバル『GOLDEN JAZZ』

 

公演期間:2016年1月3日(日)~2月14日(日)

会場:東京宝塚劇場

 

http://kageki.hankyu.co.jp/

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]