情報紙から飛び出した 演劇系エンタメ サイト
Copyright Since1999 情報紙ターミナル
Copyright Since2010 株式会社ERIZUN

ミュージカル『ファミ☆レス ~幸福のレシピを求めて~』渚あきさんインタビュー 2019年01月

(2019年01月20日記載)

『エンタメ ターミナル』では舞台を中心としたエンターテインメント関連情報をWEB記事として発信しています。
掲載内容は、掲載日付のものとなりますので、最新情報は各自ご確認ください。

※ 記事・写真等の無断使用・無断転載は禁止しています。なお、リンクはフリーです。

 
この記事おススメ!って思った方は   をクリック!(1 人がクリック)
Loading...

ミュージカル・ギルドq.第13回公演 オリジナル・ミュージカル
『ファミ☆レス ~幸福のレシピを求めて~』渚 あきさんインタビュー

 

公演について

2019年4月24日(水)から4月28日(日)まで、あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)で、
ミュージカル・ギルドq. 第13回公演 オリジナル・ミュージカル『ファミ☆レス ~幸福のレシピを求めて~』が
上演されます。

ストーリー

ファミレス「ベアーズ」のベテランウェイトレスの湧井幸子は、他の店員や頼りない店長・篠崎雄介からも頼られる存在だ。
その幸子と事あるごとにぶつかる同じくウェイトレスの浅井冬美は本業は売れないフリーライターだが
バイトで食いつなぐ日々だった。そんなある日、二人の働くファミレスに抜き打ちで本社から査察が入るという情報が。
しかし、ウェイター森下誠治や女子大生ウェイトレスの北川麗奈、シェフの沼津和雄らはどこ吹く風。
そこへ田島美和と名乗る謎の女性が現れ、波乱が巻き起こる。果たして店は抜き打ち査察を無事切り抜けることができるのか!
そしてこの店に集う人たちはファミリーのいないこのファミレスで家族のきずなを取り戻すことができるのか!

★関連記事→ミュージカル・ギルドq.第13回公演
オリジナル・ミュージカル『ファミ☆レス ~幸福のレシピを求めて~』

★関連記事→ミュージカルギルドq. スペシャル・ショー 『q’s Bar2019 Restart!』

渚 あきさんインタビュー(2019年1月8日 取材・撮影・文:住川禾乙里)

 

―――ここ数年は、歴史物の舞台出演が多かったと思うのですが、
今回の作品はファミリーレストランが舞台の現代劇ですね。 



◆渚 あき
物語は、私の役・湧井幸子がパートタイマーで働いているファミレスに本社から
査定が入るという情報が届くのだけど、どの人なのかわからない。
「もしかしたら、この人は査定に来ている人がなんじゃないか!?」と思えるような人が、
次から次へと出てきます。私の幼なじみが出てきたり、常連のおじいちゃんが居たり、
謎のおばさんも最近よく来るな?とか、美女が来たけど何者なのだろう!?とか。
推理しながら観て楽しんでもらえるお話ですね。
皆さんがよく知っている日常なので、取ってつけたような感じではなく、
隣のテーブルを見たら「あぁ、こんな感じのお客さんいるよね」と思えるような、
お客様もファミレスの中に居るような感じで観ていただけたらいいですね。
物語の中に参加するようなイメージで観てもらえるミュージカルになれば良いなと思っています。
例えば歴史物の作品なら「この人物は、その時代にどういう状況で、
どんなことを考えていたのだろう」と考えていくのですが、今回の作品は、
身近にもいるような登場人物たちで、その中でも個性溢れるメンバーがすごく出てきます。
内容としては1日の出来事ですが、よくこんなに個性的な人がたくさん出てくるな〜と(笑)。

―――ファミレスの中にいる人物それぞれに焦点を当てていく感じですか? 


◆渚 あき
出てくる人物ごとにストーリーがちゃんと描かれているので、
それが(作・演出の)田中広喜さんの愛情だと思うのですが、
誰を切り取っても面白いアンサンブル芝居になると思います。

―――その中でも幸子は奮闘していく… 


◆渚 あき
幸子は、結婚して子育てが落ち着いた頃に、また仕事を再開して働くベテラン主婦なので、
面倒見も良いし放っておけない人の良さがある、おばさんですね(笑)。
店員さんの中で責任感がある人物が少なくて、年齢的にもキャリアもある幸子が
一手に引き受けちゃっている感じ。関根麻帆ちゃんが演じる浅田冬美は、
腰掛けでアルバイトしているという雰囲気満々なので、
そういったところでぶつかり合うところもあります。
今回はミュージカルということで曲数も多く、
ポップな感じやフラメンコっぽい場面もあるそうです。

―――実際にファミレスに行くことはありますか? 


◆渚 あき
行きます行きます!好きですよ(笑)。

―――今回の公演で楽しみにしているところは? 


◆渚 あき
1人で歌で表現するシーンはあるのですが、人と人とのキャッチボールがすごく多い作品です。
小気味良さが出るのは、やはり相手があってこそなので、このメンバーとそういったシーンを
作っていけるというのは楽しみですね。テンポが良くないと面白くないと思うので、
それをうまく自分たちで掴んで、間の良い舞台になれば良いなと思っています。

―――今回、共演されたことがある方は? 


◆渚 あき
宝塚歌劇団で同期だった美郷真也ちゃんが昨年開催した芸能生活30周年の同期公演以来の共演です。
その他は皆さん「はじめまして」です。こんなに初めての方ばかりの
現場はあまりないので新鮮ですね。

―――昨年は初舞台から30年という節目の年でもありました。
今年は31年目に入りましたね。 



◆渚 あき
自分が若いころは「キャリア30年」と聞いたら、すごいなぁ〜と思っていたのですが、
実際に自分がその立場になると、全然そんなことはなくて、まだまだ若造という感覚がありますね(笑)。
同期生と一緒に30周年記念公演をやって改めて感じたのは、どういう風に自分を持って行くかということの
積み重ねが今の自分になっているんだなと思いました。そう思った時に、目の前のことを1つずつ丁寧に、
真摯にやっていくしかないなと。どんな仕事もそうだと思うのですが、
それが私たちは舞台の上や画面に出ることで、より鮮明になってお客様に見えてしまうところがあるので、
ほんの小さなことでもいいのですが、全てのことを楽しんでやっていこうと思っています。
そこが人となりとして出てくると思うので。1人でやる仕事ではないから、
その時に出会ったスタッフさんや共演者の皆さんが「本当にこの仕事をして良かったね」と
思えるものを1つずつ積み重ねていきたいですね。

―――お話していて楽しんで過ごしていらっしゃる雰囲気を感じます。


◆渚 あき
すごく緊張するタイプだから空振りしてばかりですよ。
でも、だいぶ楽しめるようになってきました。 今回も気負い過ぎてしまうと裏目に出てしまうと思うので、
それならば楽しくやろう!と思った方がいいかなと。

―――そういう意味では同期の美郷真也さんがいらっしゃるのは心強いですね。


◆渚 あき
本当に心強いです。信頼できる温かい人なので、ありがたい存在です。

―――舞台への意気込みをお願いします。 


◆渚 あき
主人公をさせていただくということで頑張らないといけないなという思いはあるのですが、
“みんなでつくる”のが総合芸術、舞台の基本だと思うので、そこは気負わずに、
スタッフさん、出演者含め、みんなで作っていけたら。
お話がすごくアットホームなので心温まるものが必ずお届けできると思っています。
みんなで力を合わせて、良い時間の使い方をする稽古ができれば、板の上(舞台)に上がった時に
必ず良いものになると思うので、その時間を無駄にすることなく頑張りたいと思います。

―――ありがとうございました。


 
 

 

 

ミュージカル・ギルドq.

第13回公演 オリジナル・ミュージカル

『ファミ☆レス ~幸福のレシピを求めて~』

 

公演スケジュール:2019年4月24日(水)~4月28日(日)

4/24(水)19:00~

4/25(木)14:00~☆、19:00~

4/26(金)14:00~☆、19:00~

4/27(土)14:00~☆、19:00~

4/28(日)14:00~

※開場はいずれも30分前

※チケット精算受付は1時間前

※☆はアフタートーク実施日です。

それぞれの回の公演後に実施いたします。出演者は未定。

 

会場:あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

 

チケット:全席指定席S席7,000円/A席6,000円

(当日券は500円増し)

チケット販売 2019年1月15日 午前10時より販売開始

一般販売のチケット販売はカンフェティ、eプラス、ぴあで取り扱います。

 

公式サイト

 

 

 

 
 

情報は書き込んだ時点のものですので、実際の内容と異なる場合があります。
あらかじめご了承下さい。

[ PR ]